やりたい仕事の見つけ方・やりたい仕事がわからないときの対処法

疑問を抱えるビジネスパーソン
就職してみたもののやりたい仕事がよくわからない。

やりたい仕事、向いている仕事に関する悩みは多くの社会人が抱えるものです。

どうすればやりたい仕事がわかるのか?

その悩みを解決するべく、ここでは「やりたい仕事が分からない時の対処法」や、「やりたい仕事を見つける方法」を解説します。

「どんな仕事にでも就けるとしたら、どんな仕事をしたいか?」を考える

第二新卒の転職
以下の質問の答えを考えてみてください。

なりたいと思ったら何にでもなれる。

たとえば俳優になりたいと思ったら俳優になれる、スポーツ選手になりたいと思ったらなれる、プロゲーマーになりたいと思ったらなれる。

お金や生活、世間体の心配は一切不要。

スキルや経験、知識、資格などの心配も一切不要。

そんな状況だった場合、あなたはどんな仕事をしたいですか?

上記の質問で思いついたことが、あなたが本当にやりたいと思っている仕事です。

仕事の安定性やスキル・知識の有無、世間体などを考えてしまい、やりたい仕事から目を背けてしまっている場合があります。

たとえばデザイナーに憧れがあっても、「スキルや経験がないから今からでは不可能」とあきらめてしまうのです。

しかしもし、スキルや経験も関係なく、年収や労働条件、世間体、仕事の安定性などを何も考えなくてもいいとしたら、どんな仕事をやるか?

その時にやりたいと思った仕事が、あなたが本当にやりたい仕事です。

キャリアアドバイザーに「やりたい仕事がわからない」と相談してみる

転職エージェント
キャリアアドバイザーは、あなたの経験やスキル、性格から、向いている仕事やキャリアプランを提案してくれる人です。

たとえば

「やりたい仕事がわからない」
「向いている仕事がわからない」

と相談すれば、向いている仕事や就くべき仕事を提案してくれるのです。

ではどうやってキャリアアドバイザーを見つければいいのか?

転職エージェントを使うと、無料でキャリアアドバイザーに相談可能です。

転職エージェントを使えばキャリアアドバイザーに無料で相談できる

転職エージェントとは、転職活動のサポートを無料でしてくれるサービス。

転職や仕事の悩み相談から求人紹介、面接アドバイスなどあらゆるサポートを無料で受けられます。

転職するか迷っている、相談だけしたい、という場合でも利用可能です。

キャリアアドバイザーに相談した結果、やりたい仕事がわかればそのまま転職活動を進めることができます。

また相談してもやりたい仕事がわからなかった場合は、利用を中断することも可能です。

※転職エージェント一例
※転職エージェントまとめ
第二新卒専門の転職エージェントおすすめ5社+転職エージェントの選び方全解説
第二新卒に特化した転職サポートを受けられる転職エージェントが知りたい。 第二新卒向けの求人だけを紹介してもらえる転職エージェントが知りたい。 そんな願望にお応えすべく、ここでは第二...

とりあえず興味がある仕事に就いてみる

転職活動をする
やりたい仕事がわからなくても「何となく興味なる仕事」ならわかるはず。

たとえばファッションが好きなら、ファッション関する仕事。

映画をみるのが好きなら、映画に関連する仕事に興味が湧くはず。

その興味に素直に従って、仕事を選ぶのです。

とりあえず興味のあることを仕事にしてみる

「好きなことは仕事にしないほうがいい」「趣味を仕事にしない方がいい」といった意見もありますが、まずは無視しましょう。

同じことがあなたにも当てはまるとは限りません。

試しに興味がある分野の仕事に就いてみたら、やりがいもあるし、毎日仕事が楽しくなる可能性も十分にあるのです。

誰がいったかわからない意見を鵜呑みにする必要はありません。

興味のある分野への携わり方は人それぞれ

激務、スキルや経験が必要、ブラックが多いなどの問題で、「興味に従った仕事選びなんてできない」という場合もあるとでしょう。

たとえば、服が好きからだからといってアパレル販売員になれば、そこで待っているのは激務と薄給。

いくら興味のある分野でも悪条件で働くのは現実的ではありません。

しかし興味のある仕事への携わり方はたくさんあります。

たとえばファッションであれば、映像制作以外にも映画にかかわれる仕事は以下のように無数にあります。

  • ネットのファッションサイト・アパレル会社のネット通販などの仕事
  • ファッション誌関連の仕事
  • 繊維系の企業での仕事
  • デパート、駅ビルなどの運営、管理の仕事

探してみれば、興味の分野に携わることができ、かつ激務ではない仕事、ある程度の給料がもらえる仕事はたくさんあるはずです。

そのなかで労働条件がよく、応募条件を満たしている仕事に、試しに就いてみましょう。

もしやりたい仕事ではなかった、やりがいがまったくないというのであれば、また別の仕事に転職してもいいでしょう。

やりたくない仕事を明確にする、やりたい仕事をやらなくても済む仕事に転職する

転職する
やりたい仕事はなかなか見つからないもの。

しかし「やりたくない仕事」を見つけるのは意外と簡単だったりします。

そして今の仕事が嫌なら、満足していないのであれば、「やりたい仕事をやらなくても済む仕事に転職する」という方法で人生を変えるのです。

やりたくない仕事をしなくて済む仕事に転職する

あんな仕事は絶対にやりたくない、
こんな職場では絶対に働きたくない、

などやりたくない仕事・働きたくない仕事の条件は簡単にわかるはず。

「やりたくない仕事をやらなくて済む」「働きたくない職場じゃない」仕事を探して転職すれば、最悪の条件で働くことは免れます。

やりたい仕事ややりがいのある仕事は意外と見つけるのが難しいもの。

ひとまずやりたい仕事をやらなくても済む仕事に転職する。

やりたい仕事が見つかった時は、やりたい仕事に転職する。

という流れで仕事を点々としてもいいでしょう。

「やりたい仕事探し」をあきらめて楽な仕事に就く

転職活動ちゅう
たとえやりたい仕事に就いたとしても、仕事は仕事です。

つまらなくなる可能性も十分にあります。

ならば「仕事はつまらないもの」「仕事は生活費を稼ぐための手段」と割り切ってしまいましょう。

そして楽に、それなりの給料を稼げる仕事を就き、仕事以外のプライベートで生きがいをみつける、という生き方でもいいのです。

「いかに楽に稼ぐか?」を考えればいいので、やりたい仕事がわからなくて悩む必要もなくなります。

仕事以外のプライベートの時間で生きがいをみつける

やりたい仕事に就くことができれば、楽しい人生が待っているかもしれません。

しかし多くの人がやりたい仕事を探して転職活動をしていることからわかるように、やりがいのある仕事を探すのは簡単なことではないのも事実。

実際、やりたい仕事に就けている人は、一部の優秀な人、もしくは運がいい人だけかもしれません。

ならば割り切って、仕事以外で人生の充実を目指すことを考えてもいいのではないでしょうか。

楽に、生活に不自由しないだけの給料を稼げる仕事をみつける。

そして仕事以外のプライベートの時間で生きがいをみつける。

それで十分、幸せな人生を送れるのではないでしょうか。

さいごに:貴重な20代を無駄にしてはいけない

20代であれば未経験の仕事に挑戦するチャンスはいくらでもあります。

しかし30代になってしまうと、経験や実績が必須となるので新しい仕事にチャレンジする転職は難しくなります。

やりたい仕事を求めて転職するなら、第二新卒である、20代である今が絶好のチャンスです。

もちろん一度、仕事を離れて自分探しの旅にでるものいいでしょう。

フリーター・ニート生活を謳歌するのもいいでしょう。

しかしやりたい仕事を見つけるには、色々な仕事を実際に経験して、自分の好き・嫌いを把握していくのが一番の近道でもあります。

あれでもない、これでもないと転職を繰り返していくと、そのうち転職と思える仕事に出会える可能性もあるのです。

転職市場において、20代はとても貴重なもの。ぜひ、無駄にしないでいただきたいと思います。