内定をもらったら

転職先でいち早く馴染むために入社後に心がけるべき3つこと

更新日:

新しい会社で働き始める
転職先が決まったらそこからが本番です。

「良い人が入社した」と周囲の社員に思ってもらえるように頑張らないといけません。

新しい会社に入社に少しでも早く馴染むためには、まずは3つのことを心掛けましょう。

  • 最初の仕事で結果を出すことを心掛ける
  • 人より早く出社してやる気を見せる
  • 報告・連絡・相談を通じて社員とコミュニケーションを取る

最初の仕事で結果を出すことを心掛ける

最初の仕事で結果を出すことを心掛ける
中途採用の場合、会社側は即戦力を期待しています。スキルや経験が浅い第二新卒であれば、それほどシビアに戦力を期待されていないかもしれません。

しかし、それに甘んじてはいけません。

最初の仕事への取り組み方、出来次第で、あなたに対する印象が大きく左右されます。最初の仕事でもたついていたり、トラブルなどを起こしたりすれば、その後の評価も決まってしまいます。

初めての仕事なので、分からないことだらけで、ミスをすることもあるかもしれませんが、一日でも早く戦力になれるように精進しなければいけません。

また、そういった姿勢を見せることが大切です。

人より早く出社してやる気を見せる

人より早く出社してやる気を見せる
やる気をアピールするためにも、人より早く出社してしっかりと働くことが大切です。

特に未経験者として採用されたのであれば、早く仕事を覚えるためにも早く出社するべきです。またそういった姿勢を見せることも大切です。

遅刻はもちろん論外ですが、間に合っているからといって、ギリギリに行くのもあまりおすすめできません。

最初のうちは、雑務的仕事ばかりで、あまりモチベーションが上がらないかもしれません。しかし、企業側が採用した理由を納得してもらえるよう、まずは目の前の仕事に集中して、業務を1つずつ確実にこなしていくようにしましょう。

報告・連絡・相談を通じて社員とコミュニケーションを取る

報告・連絡・相談を通じて社員とコミュニケーションを取る
転職先に限らず、仕事において、報告・連絡・相談は大切とされています。

中途採用の場合は、会社に早く溶け込むことが大切です。孤立し、浮いた存在になってしまうと、仕事もやりにくくなってしまいます。

そうならないためにも、報告・連絡・相談は特に大切なのです。

例えば、報告・連絡・相談を通じて、色々な社員とコミュニケーションを取ることで、部署のキーマンは誰なのか、仕事を教えてくれる先輩は社内でどのような立ち位置なのか、といったことを把握できます。

またトラブルが起きた時は誰に相談すればいいのか、仕事上で分からないことは誰に相談すればいいのか、といったことが分かるようになり、仕事の効率的に進められるようになります。

さらに、その会社で常識となっていることや、社内ルール、会社方言なども見えてくるので、最初は積極的に社員とコミュニケーションをとるようにしましょう。

人気のまとめ記事

第二新卒の転職 1

「新卒で入社した企業を3年未満で辞めた」そんな第二新卒として転職活動をするなら、やはり第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを使いたいものです。 第二新卒に特化したものであれば、求人はすべて「 ...

転職活動を進める 2

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前です。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒の方は「条件に贅沢はできない」「とにかく別の会社に転職したい」という思いで、 ...

エージェントを使う 3

困難であり大変な第二新卒の転職。 それを劇的に、楽にしてくれるのが転職エージェントです。 では具体的に何をしてくれるのか? 何をどう楽にしてくれるのか? 転職エージェントを使うべき理由と題して解説しま ...

第二新卒向けおすすめ転職エージェント 4

紹介してもらえる企業は第二新卒歓迎のみ 第二新卒の転職を熟知したアドバイザーにサポートしてもらえる ここでは第二新卒のサポートに特化したおすすめ転職エージェントを5つ紹介します。 転職エージェントは掛 ...

-内定をもらったら

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.