なぜ「社会貢献したい」という志望動機はNGなのか? NG理由と志望動機の考え方を解説

4b929969bc4f222db11eb715dcab89f5_s

「社会に貢献したい」という志望動機は一見、まともに思えます。

しかしこの志望動機は言うべきではありません。

その理由は主に2つ。

  • 社会貢献はどこの会社でもできるから
  • 社会貢献は会社ではなくてもできることだから

本記事ではさらに具体的に解説します。

「社会貢献したい」という志望動機がNGである理由

理由1;どこの会社でも社会貢献はできる

社会貢献する

世の中にはあるほとんど企業は、社会に貢献しています。

企業が売上を出すには、商品なり、サービスなりを生み出し、何かしらの価値を社会に提供しなければいけません。

誰の役にも立たないサービス、モノには誰もお金を払いませんから、企業が売上を出している時点で、その企業は社会に貢献しているのです。(法律を犯してお金を稼いでいるケースは例外です)

ましては中途採用を行う余裕があるほど、利益を出している企業であれば、かなり社会に貢献している証拠。

どこでも通用する志望動機は評価されない

ほとんど企業が社会貢献しています。

ですから「社会貢献したいから御社を志望した」という志望動機は、どこの企業でも通用する志望動機ということです。

そのような志望動機は、当然、採用担当者に響きません。

理由2:社会貢献は会社ではなくてもできることだから

働かなくても社会貢献はできる

そもそも社会貢献は、企業ではなくてもできます。

アルバイトでも社会貢献は可能。NPOやボランティアは、それこそ立派な社会貢献です。

つまり、「社会貢献したい」という志望動機は、立派な志望動機でも何でもなく、ただ考えが浅い志望動機なだけなのです。

採用面接で、「社会貢献したい」などといえば、「ならばボランティアでもしてください」と門前払いされるでしょう。

漠然とした社会貢献願望なら言わないほうがいい

「社会貢献をしたい」という思いは大切にするべきです。

しかし、それを志望動機して使ってしまうと、考えが浅いと判断されてしまいます。

まだ「お金が欲しいから」という志望動機のほうが、納得感があります。「稼ぐために必死になって仕事をしてくれそうだ」と採用側も評価してくれるかもしれません。

志望動機は、その企業でしか通用しないものを考えておく

漠然とした志望動機

どこの会社でも言える志望動機では採用はもらえません。

唯一無二の志望動機を考えるためには、応募企業に対する情報を集め、自分がその会社に入った姿を具体的に想像することが大切です。

その会社で、
「何をやりたいのか?」
「何ができるのか?」
「自分の経験を生かせる環境があるのか」

といったその会社に入る必然性を整理しましょう。

そうすることで自分にしか語ることのできない志望動機を作り上げることができます。

転職エージェントを使ってプロにアドバイスをもらう

転職エージェントを利用する

志望動機が思いつかないなら転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントなら、プロのキャリアアドバイザーから、志望動機を作るアドバイスをもらえます。

他にも応募書類の添削、面接アドバイス、非公開企業の紹介など、転職エージェントを使うメリットは無数にあります。

転職で失敗したくないなら絶対に利用すべきです。

以下のページでは、転職エージェントについて詳しく解説しているので、参考にしていただければと思います。

第二新卒専門の転職エージェントおすすめ5社+転職エージェントの選び方全解説
第二新卒に特化した転職サポートを受けられる転職エージェントが知りたい。 第二新卒向けの求人だけを紹介してもらえる転職エージェントが知りたい。 そんな願望にお応えすべく、ここでは第二...