面接

志望動機と転職理由の違いとは? 混同させていはいけない志望動機と転職理由

更新日:

志望動機と転職理由の違いとは?
志望動機と転職理由が混同してしまい面接で失敗してしまう人がいます。

例えば、「志望動機を教えてください」と質問されているのに、「前職では上司の理不尽でした。正当に評価してもらえる企業が良いと思い、志望しました」といったように回答してしまうケースです。

しかし、これは単なる転職理由で志望動機ではありません。

志望動機と転職理由は似て非なるものです。

ここでは、志望動機と転職理由には明確な違いを紹介します。違いを理解し、きちんと区別して回答を用意するようにしましょう。

志望動機と転職理由の違いとは?

志望動機は入社したい理由を回答する
志望動機と転職理由の違いは以下の通りです。

【志望動機】=入りたい理由、なぜ入社したいか
例)業界唯一の技術力に魅力を感じ御社を志望しました

【転職理由】=辞めたい・辞めた理由、なぜ転職したいのか、なぜ転職したのか
例)現状に甘んじて新しいことに挑戦しようとしない保守的な社風では、自分が成長できないと思い、転職を決意しました

だから、志望動機を聞かれた時に、「前職ではやりたい仕事ができず……」といった回答では、不十分です。

また、辞めたい理由ばかり語ってしまうと、会社が嫌だから辞めた、というイメージを面接官に与えてしまい印象も悪いです。

志望動機を聞かれた時は、シンプルに「なぜ、入社したいのか?」を回答するようにしましょう。

志望動機で伝えるべき3つのこと

志望動機で伝えるべきこと
志望動機で伝えるべきことは、以下の3点です。

  • 業界の魅力
  • 企業の持っている魅力
  • 仕事内容の魅力

もし同じ業界の企業であれば、競合他社から見たその会社の魅力や特徴を伝えると、志望動機として効果的です。

また、別の業界ならば、その業界ならでは面白さや、将来性、自分が興味を持った仕事について言及すると効果的です。

「業界の魅力」「企業の持っている魅力」「仕事内容の魅力」この3つのうち、どれか一つしか言わない人もいます。しかし、企業側が「なるほど」と思えるような、志望理由を説明するには、この3つの点をしっかりと説明するべきです。

面接対策を徹底的に行う方法とは?

志望動機や転職理由に不安がある。そもそも面接に不安がある方は、転職エージェントを使うべきです。

例えば、20代向け転職エージェントの マイナビジョブ20's を利用するとプロのキャリアアドバイザーによる転職サポートを受けられます。

応募する企業ごとの面接対策や、履歴書・職務経歴書の添削、キャリアアドバイスなど様々なサポートを受けて、転職活動を効率的にすすめられます。

第二新卒向けおすすめ転職エージェント
【厳選5つ】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント

紹介してもらえる企業は第二新卒歓迎のみ 第二新卒の転職を熟知したアドバイザーにサポートしてもらえる ここでは第二新卒のサポートに特化したおすすめ転職エージェントを5つ紹介します。 転職エージェントは掛 ...

続きを見る

人気のまとめ記事

第二新卒の転職 1

「新卒で入社した企業を3年未満で辞めた」そんな第二新卒として転職活動をするなら、やはり第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを使いたいものです。 第二新卒に特化したものであれば、求人はすべて「 ...

転職活動を進める 2

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前です。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒の方は「条件に贅沢はできない」「とにかく別の会社に転職したい」という思いで、 ...

エージェントを使う 3

困難であり大変な第二新卒の転職。 それを劇的に、楽にしてくれるのが転職エージェントです。 では具体的に何をしてくれるのか? 何をどう楽にしてくれるのか? 転職エージェントを使うべき理由と題して解説しま ...

第二新卒向けおすすめ転職エージェント 4

紹介してもらえる企業は第二新卒歓迎のみ 第二新卒の転職を熟知したアドバイザーにサポートしてもらえる ここでは第二新卒のサポートに特化したおすすめ転職エージェントを5つ紹介します。 転職エージェントは掛 ...

-面接

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.