履歴書はオリジナルでもいいのか? 市販の履歴書を利用してもいいのか?

履歴書
パソコンで履歴書を作成する際、市販の履歴書とは異なったオリジナル履歴書を作成する人がいます。

しかし、市販の履歴書を利用する人が多い中、このようなオリジナルの履歴書が送られてくると採用担当者は違和感を覚えたり、読みづらいと感じたりする場合があります。

そのため履歴書は市販のものを利用するのがベターです。

もしくは転職サイトやハロワークなどのサイトでダウンロード可能な履歴書を使うといいでしょう。

ネットで提出する場合は、ネットでダウンロードできる履歴書をそのまま利用するようにしましょう。

履歴書は下記のサイトからダウンロードできます。

他にも、“履歴書 ダウンロード”で検索するとダウンロードできるサイトがたくさんヒットします。

スポンサーリンク

オリジナルの履歴書を作成する場合の注意点

市販の履歴書では配偶者の有無や扶養義務の記載部分があります。

一見、必要なさそうな項目ですが、オリジナルの履歴書を作成した際、これらの項目が入っていないと、意識的に書きたくない部分を削除していると考える採用担当者もいます。

そのためオリジナルの履歴書を作成する場合であっても、市販の履歴書に入っている項目をしっかりと含めるようにしましょう。

書くべき具体的な項目は以下となります。こちらの項目は含めるようにしましょう。

  • 日付
  • 写真
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所・連絡先
  • 学歴
  • 職歴
  • 免許・資格
  • 志望動機
  • 通勤時間
  • 配偶者
  • 配偶者の扶養義務(配偶者がいる場合)
  • 本人希望記入欄(希望職種・特筆事項など)

その他、履歴書を書く際の注意点は以下の記事でまとめています。

【保存版】完璧な履歴書を作るための5つの心構え・15のポイント
第二新卒の転職活動において、完璧な履歴書を作るための心構え、そして完璧な履歴書を作るために注意したいポイントをまとめて解説します。 第二新卒の履歴書作成における注意点を可能な限りすべてま...

転職エージェントを使うと履歴書を添削してもらえる

履歴書の書き方がわからない
履歴書についてプロの人に相談したい

履歴書や転職活動について疑問や不安があるなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

たとえば、マイナビジョブ20'sのような転職エージェントを利用すれば、転職活動を熟知したプロのキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえます。

自力で転職活動を進めるよりも圧倒的に、簡単に転職活動が可能です。

以下のページでは転職エージェントのサービス内容とおすすめの転職エージェントを紹介しているので、参考にしていただければと思います。

失敗しないのはどれ?第二新卒専門転職エージェント【おすすめ5選】
【第二新卒専門エージェント限定】ここでは数ある転職エージェントのなかから、第二新卒専門の転職エージェントだけを紹介します。誰でも使えるような大手のエージェントは除外しているので、このページを読めば本当に第二新卒が使うべきエージェントがわかります。

[書類選考なし]