働き方

仕事なんてばっくれてもいい!本当に仕事がつらい時、逃げることの重要性

更新日:

仕事をばっくれる会社員
タイトルから「仕事なんてばっくれてもいい」と言いましたが、できることならばっくれるべきではありません。

可能ならば「体調が悪いです」「親の急病です」などと適当な理由でもいいので、会社に連絡して休みをとるべきです。

しかし、心の底から「もう本当に限界……」「このまま死んでしまいたい」

そう思った時は別です。

会社から面倒な電話がこないように、スマホ電源を落としてばっくれても良いのです。

命を落とすぐらいならばっくれてもいい

ばっくれてもいい
会社に行くのがつらくて

「このまま死んだ方が楽なんじゃないか?」

それぐらい精神的に追い込まれているなら仕事なんてばっくれてしまったほうがいいです。

昼間から思いっきり映画でも観に行きましょう。海に行くでも、公園に行くでも、家で思いっきり寝るのもいいでしょう。

私の友人にも、仕事に行くのが本当につらくて、「今日このまま会社へ向かう電車にのったら途中でホームに飛び降りるかもしれない」そう思った時に携帯から電池パックを外して近所の海へ向かった人がいました。

実際その友人は仕事をばっくれた時、後悔など全くなかったそうです。もちろんその後は、会社を辞めました。

しかし、それまで肩にのしかかっていた重たいものがなくなってとても爽快な気分になったそうです。

迷惑、責任なんて関係ない

仕事をさぼる会社員
「会社に迷惑をかけるから、社会人としての責任があるから這ってでも行かなければ」

そう思って追い詰めてしまう人がいます。

しかし「たかが仕事」です!

仕事なんて生きていくための手段であり、目的ではありません。

その仕事が原因で自分の命を落とすのはかなりもったいないと思いませんか?

こんなにつまらなくて、つらくて苦しい“仕事”に命をかける価値なんて微塵もありません。

社員1人ばっくれても何も変わらない

普通の会社であれば、社員が1人休んだぐらいでは何ともありません。

通常、会社という組織は、人が急に欠けても仕事がいつも通り回るように体制を整えています。

ガチガチのマニュアルも、「報連相」で逐一情報共有するのも、社員が欠けた時に他の人が対応できるようにするためです。

むしろ社員が1人休んだぐらいで仕事が回らなくなるような会社は、かなり問題があります。そんな会社ならばっくれて正解です。

そのまま転職活動を始めましょう。

そうでなくても、自分一人ぐらい会社をバックレても、いつも通り仕事は回ります。何も気にする必要はないのです。

社会人の常識とか関係ない

精神的に追い込まれて、自殺一歩手前という状態なら、社会人としての常識、人としての常識なんて関係ありません。

命より大切な社会人としての常識なんて存在しないのです。だから仕事なんてバックレてもいいのです。

人生は仕事だけではありません、趣味や家族、友人、結婚、子供など色々なものがあって人生は成り立っています。

それにお金を稼ぐ方法なんていくらでもあります。仕事がすべてではないのです。

「逃げる」という選択肢を持つことが大切!

逃げることは重要
嫌なこと、辛いことは、“逃げるが勝ち”です。

逃げていいのです。

革新的なインターネットサービスを展開し、過去には東京都知事選にも出馬した、起業家の家入一真氏は何度も逃げ出したことがあったそうです。

起業家という、いかにも「逃げる」という言葉とは無縁に思える職業の人でも、目の前の現実から逃げ出したことがあったのです。

家入一真氏の著書『もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) 』では逃げるという選択肢を持つことの重要性が書かれています。

逃げるな、諦めるな、耐えろ。
それが世の中の美徳というものなのか?

<---中略--->

中卒、元ひきこもりの僕は何度も逃げ出したけど、逃げたあとには必ず新しい選択肢が広がっていた。

逃げてもいい。諦めたって、耐えなくたっていい。

「逃げる」という選択肢を一つ自分の中に持っているだけで、もっと自由に生きていけるよ。

ばっくれを推奨しているわけではありませんが

“逃げることによって新しい選択肢が見えてくる”

この言葉は本当に正しいと思います。

私もこれまで色々なことで逃げてきましたが後悔していることなんてほとんどありません。

「逃げること」は自分を守る盾にもなる。
「逃げること」はとてつもない原動力にもなる。
「逃げること」は明るい未来に向かう第一歩になる。
「逃げること」は今を生き抜く一つの術だ。

さんざん「ばっくれてもいい」とお伝えしてきましたが、インフルエンザでも急性胃腸炎でもどんな仮病でも良いので、極力、会社には一本連絡を入れるべきです。

そしてそのまま退職しましょう。連絡を入れるのも億劫になるほどの職場が自分に合っていないことは確実です。無理に続ける理由なんて全くないでしょう。

バックれ退職でも転職できるのか?

転職活動にやる気を出す
「バックレて退職したら転職先が見つからないのではないか?」

そんな不安を持っている方もいるでしょう。

もちろん転職が不可能というわけではありません。

ただし、自力で全部進めるのは困難です。

なぜならバックレである退職理由をうまく言えず、「また辞めてしまうのでは?」とネガティブな判断を受けてしまうから。

自力で行えばなかなか転職先が決まらず、ブランクができてしまう恐れも。

そうなるとさらに転職活動は厳しくなります。

では、どうすればうまく転職先をみつけることができるのか?

転職エージェントを使えば転職は可能

転職エージェントを使えば、バックレ退職でも十分に転職可能です。

なぜなら転職エージェントを使えば、

  • エージェントが企業に推薦してくれる
  • ネガティブに受け取られない退職理由の伝え方を教えてくれる
  • 受かりやすい企業を紹介してくれる

上記のように、転職エージェントでしか受けられないサポートが受けられるからです。

自力で転職活動をして内定をがもらえるほど、転職は簡単なものではありません。

転職エージェントは無料で利用できるので、うまく活用して良い企業に、楽に転職するべきです。

※転職エージェント一例
  • マイナビ ジョブ20's :大手マイナビの20代向け転職エージェント
  • DODA :約10万件の求人を保有する大手総合転職エージェント
  • 第二新卒AGENTneo :優良企業だけを紹介してもらえる第二新卒専門エージェント
※転職エージェントまとめ
第二新卒向けおすすめ転職エージェント
【第二新卒専門】転職サイト・エージェントおすすめ5つ

第二新卒歓迎の求人だけを紹介してもらえる 第二新卒に特化した転職サポートを受けられる これらの特徴に当てはまる転職サイト(転職エージェント)を5つ紹介します。 どれも掛け持ちしても問題ないので、不安な ...

続きを見る


※転職エージェントまとめ
第二新卒向けおすすめ転職エージェント
【第二新卒専門】転職サイト・エージェントおすすめ5つ

第二新卒歓迎の求人だけを紹介してもらえる 第二新卒に特化した転職サポートを受けられる これらの特徴に当てはまる転職サイト(転職エージェント)を5つ紹介します。 どれも掛け持ちしても問題ないので、不安な ...

続きを見る

転職を成功に導くまとめ記事

転職活動を進める 1

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒の方は「条件に贅沢はできない」「とにかく別の会社に転職したい」という思いで、企業 ...

第二新卒の転職 2

「新卒で入社した企業を3年未満で辞めた」そんな第二新卒として転職活動をするなら、やはり第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを使うべきです。 第二新卒に特化したものであれば、求人はすべて「第二 ...

面接を受ける会社員 3

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のためにおすすめしたいのが、書類選考なしで面 ...

エージェントを使う 4

困難であり大変な第二新卒の転職。 それを劇的に、楽にしてくれるのが転職エージェントです。 では具体的に何をしてくれるのか? 何をどう楽にしてくれるのか? 転職エージェントを使うべき理由と題して解説しま ...

-働き方

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.