面接時の服装で悩んだ時は、面接官視点で好印象な服装を考える

面接時の服装で悩む
新卒であれば、面接は全身黒のリクルートスーツを着ていけば、とりあえず問題ありませんでした。

しかし、中途採用の場合、若干事情が異なり、「服装自由」と書かれている場合や、カジュアルが基本スタイルの企業では「ダーク系のスーツじゃない方がいいのではないか」と頭を抱えてしまうこともあります。

面接時服装で悩んだ時には、自分がもし面接官だったら、どういった服装が好印象なのかを考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

自分が面接官だったら、どういう服装が好印象か、を考える

例えば、スーツにネクタイが基本の勤務スタイルである会社なら、それに併せてスーツにネクタイで面接に臨んだ方がいいでしょう。

逆にカジュアルスタイルが中心の会社なら、スーツ姿での訪問は浮いてしまう恐れがあります。

インターネット系やアパレル系企業のように、カジュアルな服装が主流である会社は、一度、オフィス近辺まで足を運び、応募企業の社員が、普段どのような服装で勤務しているのかを調べるのがおすすめです。

転職エージェントを利用しているなら、コンサルタントに聞けば、どういった服装が望ましいのか教えてくれるはずです。

しかし、どのような服装であっても、面接ではきちんとした服装を心がけるべきです。男性はジャケットとネクタイを着用し、女性はそれに準ずる服装で面接に臨むべきです。

服装自由の会社だからといって、間違ってもTシャツ、短パン、サンダルなどで行かないようにしましょう。

服装で、現職に転職活動がバレないように

転職活動がバレる
現職がカジュアルスタイルでの勤務の場合、注意が必要です。

普段はスーツを着ないのに、急にスーツを着ていけば、転職活動をしていることが職場の人にバレてしまいます。

現職に転職活動がバレても、得なことは一つもありませんので、対策を練っておく必要があります。

例えば、会社では浮かない程度のジャケットを着用し、面接用にネクタイを用意しておく。もしくは、スーツをコインロッカーに入れておき、面接前に着替えていくなど、現職に転職活動をしていることがバレないように準備しておきましょう。

面接は第一印象がキモ

色々な転職本などで書かれていることですが、面接では第一印象がかなり重要です。第一印象で減点要因を作らないためにも、面接時に服装には細心の注意を払いましょう。また服装に限らず、身だしなみ、表情などにも注意を払いましょう。

面接に不安があるなら転職エージェントの力を借りる

面接の服装が分からないという方。その他、面接での志望動機や自己PR、転職理由に不安がある方は、転職エージェントを利用して、プロのコンサルタントにアドバイスをもらうのがおすすめです。

以下のページでは転職エージェントをまとめて紹介していますので、是非、参考にしてみてください。

※転職エージェント一例
  • 第二新卒エージェントneo:優良企業だけを紹介してもらえる第二新卒専門エージェント。対応が親身なのが特徴。
  • doda:大手マイナビの20代向け転職エージェント。
  • パソナキャリア:約4万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。サポートの質が高いことで定評がある。

※転職エージェントまとめ

失敗しないのはどれ?第二新卒専門転職エージェント【おすすめ5選】
【第二新卒専門エージェント限定】ここでは数ある転職エージェントのなかから、第二新卒専門の転職エージェントだけを紹介します。誰でも使えるような大手のエージェントは除外しているので、このページを読めば本当に第二新卒が使うべきエージェントがわかります。
タイトルとURLをコピーしました