職務経歴書は「企業が求める人物像」を意識して作成する

職務経歴書

選考を通過するために重要なのは、採用側に「採用したい!」と思わせることです。

採用したいと思わせるために重要なのは、企業が求める人物像を把握し、それに合致した人物であることをアピールすることです。

ですから、職務経歴書も求める人物像を意識して書くことが大切となります。

スポンサーリンク

職務経歴書は「企業が求める人物像」を把握してから作成する

アピールするべきこと

職務経歴書に限った話しではありませんが、内定をもらうためには、応募企業が何を求めているのか、つまり、企業が求める人物像をしっかりと把握しなければいけません。

たとえば、企業が営業経験者を求めているのに、事務スキルやPCスキルをアピールしても、興味を持ってもらえません。

この場合、営業経験がなかったとしても営業で生かせそうな経験やスキルがあることを重点的に書き、アピールするべきです。

企業が求める人物像を把握する方法

求める人物像を把握する
求人広告に「求める人物像」という形で明確に記載されている場合もありますが、そういった記載がない場合は、企業ホームページ、転職サイトを利用して求める人物像を調べましょう。

例えば、企業理念や社長メッセージ、社長のブログ、SNSなども有効です。

情熱、気合いなどの言葉が目立つなら、そのような体育会系の人を求めていると判断できます。

また、社員紹介ページで紹介されている社員は、その企業でもトップクラスに優秀な社員です。つまり、求める人物像をそのまま体現したような社員ということになるのです。

社員紹介ページは求める人物像を知る上でとても参考になるので、必ず目を通しておきたいものです。

※そのほか以下のページでは職務経歴書作成のポイントをまとめて解説しているので参考にしていただければと思います。

12のNG例で学ぶ|職務経歴書で絶対にやってはいけないこと
ここでは、職務経歴書を作成する上でやってはいけないことをまとめて紹介します。 職務経歴書は履歴書の内容を補完する重要な書類です。 第二新卒の場合、転職活動が初めてで、職務経歴書を書くの...
【職務経歴書の書き方】9つのポイント一括まとめ
「何を書いたら良いかの分からない」「就業経験が浅く書く内容がない」 職務経歴書は履歴書のように決まった型というものがなく、自分をアピールできる幅は広いのですが、その分書くことにも悩みます。 ...

転職エージェントを使ってプロのアドバイスをもらう

転職エージェントは、企業の人事部など繋がりを持っている場合もあり、求める人物像や企業情報を得るのにとても役立ちます。

過去に、どのような人が採用されたのか、どのような人は不採用になったのかを教えてくれる場合もあり、求人サイトだけで転職活動をするよりも、かなり有利になります。

また、職務経歴書の添削もしてくれるので、自力で職務経歴書を作成するよりも遥かに完成度の高い、職務経歴書を作成できます。

いずれにせよ、企業がどんな人物を求めているのかを把握しなければ、書類選考だけではなく、面接も上手くいきません。

面倒で手間のかかる作業ではありますが、企業の情報収集は時間をかけて行うようにしましょう。

※転職エージェントまとめ

第二新卒専門の転職エージェント【おすすめ5選】と第二新卒が使える総合転職エージェントまとめ
ここでは第二新卒の転職支援を専門とする転職エージェントのなかから、おすすめを5つ紹介します。紹介する転職エージェントは未経験の方でも利用可能です。また首都圏だけでなく、大阪、名古屋でも利用できる転職エージェントを厳選しているのでご覧いただければと思います。

「書類選考ナシ」で面接を受ける方法とは?

「いつも書類選考で不採用になる」「履歴書や職務経歴書などの書類作成が苦手」という方もいると思います。

実は書類選考なしで面接を受ける方法があります。

その方法は書類選考なしの企業をだけを紹介してくれる転職エージェントを使うこと。

たとえば以下のような転職エージェントがそれにあたります。

紹介してもらえる企業はすべて書類選考なし。いきなり面接を受けさせてもらえます。また面接の前には入念な面接練習もしてくれるという至れり尽くせりの転職エージェントです。

書類選考なしで面接!の企業を紹介してくれる第二新卒向け転職エージェント2つ
「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のためにおすすめしたいのが、書...