面接質問例

「内定を出したらいつから入社できますか?」と面接で質問されたときの回答の注意点と回答例

更新日:

第二新卒の転職
「内定を出したらいつから入社できますか?」

この質問を聞かれたら、実際、内定にかなり近いと思ってもいいでしょう。

そもそも不採用を決めた人に入社可能時期を聞くことはありません。ですので、この質問を聞かれたら、回答で自分の評価を下げないように細心の注意を払いましょう。

面接官は入社意志を確かめたい

面接官は具体的な入社日を知りたがる理由。それは応募者の入社意志を改めて確かめたい、からです。

それまで志望動機や自己PRなどを聞くことで応募者の志望意欲を確かめてきました。しかし“入社可能日”というさらに具体的で、逃げ道のない質問をすることで、入社意欲が本物なのかを確かめるのです。

具体的な入社日(2週間後、1ヶ月後など)とその理由をはっきり回答しましょう。

例えば「今、担当している業務の引き継ぎをしっかりと行い、責務をまっとうしたいので、1ヶ月は必要です」といったように回答しましょう。

「明日からでも入社できます」といった回答は避ける

「明日からでも入社できます」と回答すれば、志望意欲はアピールできます。

しかし在職中の人であれば、引き継ぎや退職手続きがあるので、翌日に入社するためには仕事をバックレるしかありません。

「明日からでも入社できます」と回答するのは、「私は仕事をバックレる人間です」と言うようなものです。当然、そのような無責任な人を採用したいと思うはずがありません。

また、離職中の人であっても同様です。新入社員を迎える際、企業はパソコンを用意したり、社員証を用意したりと準備があります。

「明日からでも入社できます」と回答してしまうと、「気遣いのない人だ」と思われる恐れがあります。結局、「明日からでも入社できます」は無責任な回答になってしまうのです。

これらの点にも注意して、ある程度猶予持たせた入社可能日を回答しましょう。

曖昧な回答は避ける

「実際に内定をいただきました際に、しっかりと考えます」
「家族と話し合って決めたいと思います」
「他社の結果次第です」

といったように曖昧な回答は避けるべきです。志望意欲を疑われ、せっかくのチャンスを台無しにしてしまいます。

回答例

1ヶ月後には入社できるかと思います。本来でしたら「明日からでも」とお答えしたいことろなのですが、現在は在職中であり、しっかりと引き継ぎを完了し、責任をまっとうしたうえで退職したいと思っております。

しかし、引き継ぎの問題などで、この1ヶ月よりも長引きそうであれば、もう少し短期で退職できないか、勤務先と交渉してみたいと思います。

転職を成功に導くまとめ記事

第二新卒向けおすすめ転職エージェント 1

第二新卒に特化した転職サポートを受けられる転職エージェントが知りたい。 第二新卒向けの求人だけを紹介してもらえる転職エージェントが知りたい。 そんな願望にお応えすべく、ここでは第二新卒専門のおすすめ転 ...

転職活動を進める 2

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒や20代だと、「条件に贅沢はできない」「とにかく転職したい」と周りが見えなくなり ...

面接を受ける会社員 3

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のためにおすすめしたいのが、書類選考なしで面 ...

-面接質問例

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.