第二新卒が同職種に応募する際にアピールするべき3つのこと

第二新卒の転職
第二新卒が同職種に応募する場合、採用担当者は、

「なぜ、わざわざ短期間で同職種に転職するのか?」
「同じ職種に転職するということは、労働条件や人間関係で何か問題があったのだろう」

という疑問を持ちます。

この疑念を解消するため、面接では相手が納得してくれる転職理由、志望動機は語る必要があります。

スポンサーリンク

同職種への転職でアピールするべき3つのこと

面接対策
同職種への転職でアピールするべきは、次の3つです。

  • 前職と応募企業の明確な違いを伝える
  • 応募企業だからこそできることアピールする
  • 即戦力として活躍できることアピールする

前職・現職と応募企業の明確な違い、応募企業だからこそできることをアピールする

やはり、「現職・前職ではできず、応募企業だからこそできること」や「社風、仕事の進め方などの違い」を明確に伝える必要があります。

その上で「御社だからこそ入社したい」という熱い想いと積極的に業務を吸収していきたいという意欲をアピールすることが大切です。

「労働条件や給与ではなく、御社だからこそ実現できることがある」といった趣旨の転職理由、志望動機を述べるようにしましょう。

即戦力として活躍できることをアピールする

採用担当者は、短期でやめた第二新卒に、経験や実績がないことを把握しています。そうであったとしても、ある程度、即戦力になれることをアピールするべきです。

第二新卒であれば、実績や職務能力が優れていることは強調できないかもしれません。しかし、短期で辞めたとしても同じ職種、業界を経験してきたのですから、即戦力として活躍できることをアピールできるはずです。

採用側としても、全くの未経験者よりは、短期であっても同職種を経験している応募者を採用したいと思います。経験した業務を思い返し、応募企業で生かせそうなものを全て伝えましょう。

転職エージェントにアドバイスをもらう

転職エージェント
第二新卒として転職するのであれば、転職活動のアドバイスをくれる転職エージェントを利用するべきです。

プロのキャリアアドバイザーがマンツーマンで面接対策をしてくれるので、どのようなことをアピールするべきかアドバイスをくれます。
また履歴書、職務経歴書の添削もしてくれるので、書類通過率も必然的に上がります。

「面接でアピールできる経験がない、実績がない、スキルがない」
「第二新卒でも本当に転職できるのか不安…」
「ネガティブな理由で退職したが、転職できるか不安」

上記のことが当てはまる方は絶対に転職エージェントを利用するべきです。

※転職エージェント一例
  • 第二新卒エージェントneo:優良企業だけを紹介してもらえる第二新卒専門エージェント。対応が親身なのが特徴。
  • doda:大手マイナビの20代向け転職エージェント。
  • パソナキャリア:約4万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。サポートの質が高いことで定評がある。

※転職エージェントまとめ

失敗しないのはどれ?第二新卒専門転職エージェント【おすすめ5選】
【第二新卒専門エージェント限定】ここでは数ある転職エージェントのなかから、第二新卒専門の転職エージェントだけを紹介します。誰でも使えるような大手のエージェントは除外しているので、このページを読めば本当に第二新卒が使うべきエージェントがわかります。