「前職での人間関係はどうでしたか?」と面接で質問された時の回答例・回答の注意点

職場の人間関係

「前の職場での人間関係はどうでしたか?」

スキルや経験が乏しい第二新卒の場合、入社後、社内で良好な人間関係を築いていけるかどうかは重要なポイントとなるため、転職理由が人間関係ではなくても、この質問をされることがあります。

必ず一人は嫌いな上司や同僚がいたと思いますが、それを正直に伝えるべきなのでしょうか。

面接官も嫌いな人な上司や同僚がいるのは当たり前のことだと理解しています。面接官が知りたいのは、「人間関係のトラブルに対してどのように対応したか」です。

合わない人とどう折り合いつけたのか、人間関係のトラブルをどう対応をしたのかを回答しましょう。

スポンサーリンク

前の会社の悪口はNG

悪口は言わない
当然ですが、前の会社の上司・同僚の悪口は言ってはいけません。

「前の職場での人間関係は最悪でした。まず上司が……」などと言ってしまえば「この人はうちの会社でも、上司や同僚と上手くやっていけないだろう」と思われ、かなりのマイナス評価です。

また上司や同僚の悪口になっていなければいい、という訳ではありません。

例えば「以前の職場では上司の考えが古いところがありましたが、波風を立てないように過ごしてまいりました」といったように回答しても、結局、上司への不満は解消されていないままなので、回答としてはよくありません。

そして何より、人間関係のトラブルを解消するために自分がどのように行動したかが伝わらないのでNGです。

人間関係の改善を試みたことを話す

仲直り
前職の人間関係に対する質問で重要なのは、人間関係のトラブルが当たり前の会社という場所で、あなたが「合わない人とどのように合わせたのか」「どのように合わせる努力をしたのか」を明確に伝えることです。

合わない上司や同僚はどの職場にでもいるものです。しかし合わない人ともうまく仕事をしていくのが社会人には求められます。

上司や同僚と日常の業務や会議中、飲みの席でどのように接してきたのかを具体的に話すのがベストです。

また「率先して幹事を務めていた」といったように、仕事に直接関係のないことでも人間関係を良好に保つためにとった対応であれば大丈夫でしょう。

回答例

「上司と意見が合わないこともありましたが、その場合でもお互いが理解できるまで話し合い、納得をした上で仕事をすることができました」

「チームで時々飲み会を開くことがあり、その際には幹事を務めておりました。普段は話せないことを話せたと思います」

「同じチームの同僚が何を考えているのか聞き出すため、ランチに誘い、一対一で話を聞くように心がけていました。個人的な相談を受けることもよくあり、良い関係が築けたと思います」

面接対策を徹底的に行う方法とは?

面接対策を徹底的に行うなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントでは、プロのキャリアアドバイザーが一対一で、面接対策をしてくれます。また、どんな質問が聞かれるかを事前に教えてくれる場合もあるので、面接に不安があるなら絶対に利用するべきです。

面接対策の他にも、履歴書・職務経歴書の添削、自己PR対策、退職・転職理由対策など、転職を成功させるために必須のサポートを受けられます。

※転職エージェント一例
  • 第二新卒エージェントneo:優良企業だけを紹介してもらえる第二新卒専門エージェント。対応が親身なのが特徴。
  • doda:大手マイナビの20代向け転職エージェント。
  • パソナキャリア:約4万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。サポートの質が高いことで定評がある。

※転職エージェントまとめ

失敗しないのはどれ?第二新卒専門転職エージェント【おすすめ5選】
【第二新卒専門エージェント限定】ここでは数ある転職エージェントのなかから、第二新卒専門の転職エージェントだけを紹介します。誰でも使えるような大手のエージェントは除外しているので、このページを読めば本当に第二新卒が使うべきエージェントがわかります。
タイトルとURLをコピーしました