履歴書・職務経歴書の書き方

履歴書は手書きがいいのか? パソコンで作成したほうがいいのか?

更新日:

履歴書
履歴書は手書きで作成するべきか?

それともパソコンで作成するべきか?

ここでは履歴書作成に関する疑問について解説します。

履歴書は「手書き」が無難

一般的に言われているのは、「履歴書は手書きで作成したほうがいい」ということ。

手書きの履歴書を評価する企業はあります。字がキレイ、人柄がわかるなどの理由で手書きの履歴書に対していプラスの評価をしてくれる企業は存在します。

しかし、パソコンで作成した履歴書を評価する企業はありません。

もちろんパソコンで作った履歴書がマイナスになることはありませんが、キレイな履歴書を作成できからといって、プラスの評価をしてもらえることはないのです。

ネットで提出する履歴書はパソコンで作成していい

メールで履歴書を送信する場合は、WEB上で履歴書を提出する場合は、パソコンで作成した履歴書を提出しても問題ないでしょう。

手書きの履歴書をスキャンして、履歴書のデータを提出するのはあまりにも手間です。

手書きか、パソコンかは自分で判断してもいい

手書きか、パソコンかについては手書きが無難と解説しました。

「手書きなんて非効率なことは絶対にしたくない」という方もいると思います。そう思うならパソコンで履歴書を作成しても問題ないのです。

要するに、

手書きで作成することを推奨するような価値観の企業で働きたいか?

パソコンで作成することを推奨するような価値観の企業で働きたいか?

どちらの価値観を持った企業で自分が働きたいかで判断すればいいのです。

採用の場は“自分が企業を選ぶ”場でもある

相手の要求を把握することはビジネスおいて大切であることは間違いありません。

しかし採用の場は選ばれるだけでなく“自分が相手を選ぶ場”でもあります。

だから自分がどのような価値観を持った企業で働きたいかで、手書きかパソコンかを判断すればいいのです。

この基準で履歴書の作成方法を決めれば、パソコンで作成したこと、もしくは手書きで作成したことが理由で落とされた企業はあなたと違う価値観を持った企業であり、行くべき企業ではないということになります。

手書きを推奨する企業の特徴

履歴書は手書き!
まず履歴書を手書きで提出するべき理由として挙げられるのは

  • 応募者の人柄を知ることができる
  • 文字が奇麗ならば評価につながる
  • 手書きだと誠意が伝わる

といったものです。

手書きを推奨しているのは「老舗企業」や「家族経営の企業」であり“履歴書は手書きが当たり前”だと思っている企業です。

業種でいえば「メーカー」「商社」「金融」では手書きを推奨する企業が多いようです。

企業の特徴としては

  • 古い価値観を持っている企業
  • 見た目で判断する可能性がある企業
  • 手間=誠意と判断する企業

ということになります。

手書きのメリットとデメリット

続いて書く側のメリットとデメリットです。

メリット

  • 字が綺麗だと評価してもらえる
  • 字が高評価につながる可能性がある
デメリット

  • 面倒で時間がかかる
  • 字だけで人柄を評価される恐れがある
  • 字が下手なだけで評価が下がる

一見マイナス要素しかないように見えますが、思わぬところで誠意が伝わりプラスポイントになる可能性や、字が綺麗であればプラスポイントとなる可能性があるのです。

手書きで提出することのデメリットを背負ってでもその恩恵を受けたいなら、

そしてこのような価値観を持った企業に就職したのであれば、履歴書は手書きで提出するべきでしょう。

履歴書を手書きで提出ことが原因で落とされたなら、その企業はあなたが行くべき企業ではないということです。

パソコンを推奨する企業の特徴

履歴書はパソコン
パソコンが推奨される理由はただ一つ、“効率的”だからです。

パソコン作成でも問題企業は「IT企業」や「ベンチャー」などです。

企業の特徴としては

  • 効率を重視する企業
  • 基本的なパソコンスキル必要な企業
  • 過程よりも結果を重視する企業
  • 見た目では判断しない企業

ということになります。

パソコン作成のメリットとデメリット

【メリット】

  • 修正も簡単なので効率的
  • 書いてある内容で100%判断してもらえる
  • 字の上手い下手は関係ない
  • 見やすい
【デメリット】

  • 手書き推奨の人からはマイナス評価となる

「効率重視」「過程よりも結果」「表面を重視しない」こちらのような価値観を持った企業で働きたいのであれば履歴書はパソコンで提出するべきでしょう。

パソコンで書いたことが原因で落とされるような企業はあなたが行くべき企業ではないということです。

正解は自分で決める

私自身、100%パソコン推奨派なので少し偏った意見になってしまいましたが、他にも手書きを推奨する企業の価値観を自分でも考えてみてください。

そしてどのような企業で働きたいのかをじっくりと考えてみてください。

あとはその結果で履歴書を手書きで作成するべきか、パソコンで作成するべきかを判断するだけです。

※そのほか履歴書に関する注意点は以下のページで解説しています。

履歴書
【保存版】完璧な履歴書を作るための5つの心構え・15のポイント

第二新卒の転職活動において、完璧な履歴書を作るための心構え、そして完璧な履歴書を作るために注意したいポイントをまとめて解説します。 第二新卒の履歴書作成における注意点を可能な限りすべてまとめています。 ...

続きを見る

転職エージェントを使えば、プロが履歴書を添削してくれる

履歴書について疑問・不安があるなら転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用すると、プロのコンサルタントが無料で履歴書を添削してくれ、企業に評価してもらえる履歴書を作成可能です。

また面接のアドバイスをもらえたり、キャリアカウンセリングを受けられたりするので、サポートもあります。

※転職エージェント一例
※転職エージェントまとめ
第二新卒向けおすすめ転職エージェント
第二新卒専門の転職エージェントおすすめ5社+転職エージェントの選び方全解説

第二新卒に特化した転職サポートを受けられる転職エージェントが知りたい。 第二新卒向けの求人だけを紹介してもらえる転職エージェントが知りたい。 そんな願望にお応えすべく、ここでは第二新卒専門のおすすめ転 ...

続きを見る

「書類選考ナシ」で面接を受ける方法とは?

「いつも書類選考で不採用になる」「履歴書や職務経歴書などの書類作成が苦手」という方もいると思います。

実は書類選考なしで面接を受ける方法があります。

その方法は書類選考なしの企業をだけを紹介してくれる転職エージェントを使うこと。

たとえば以下のような転職エージェントがそれにあたります。

紹介してもらえる企業はすべて書類選考なし。いきなり面接を受けさせてもらえます。また面接の前には入念な面接練習もしてくれるという至れり尽くせりの転職エージェントです。

面接を受ける会社員
書類選考なしで面接!の企業を紹介してくれる第二新卒向け転職エージェント2つ

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のためにおすすめしたいのが、書類選考なしで面 ...

続きを見る

転職を成功に導くまとめ記事

第二新卒向けおすすめ転職エージェント 1

第二新卒に特化した転職サポートを受けられる転職エージェントが知りたい。 第二新卒向けの求人だけを紹介してもらえる転職エージェントが知りたい。 そんな願望にお応えすべく、ここでは第二新卒専門のおすすめ転 ...

転職活動を進める 2

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒や20代だと、「条件に贅沢はできない」「とにかく転職したい」と周りが見えなくなり ...

面接を受ける会社員 3

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のためにおすすめしたいのが、書類選考なしで面 ...

-履歴書・職務経歴書の書き方

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.