転職サイト・エージェントの利用法

第二新卒が“第二新卒に特化した”転職エージェントを利用すべき理由

更新日:

第二新卒で成功する
第二新卒として転職を成功させるなら第二新卒に特化した転職エージェントを“絶対に”利用するべきです。

究極の理由はこの2つです。

焦点を絞って転職対策を行える
第二新卒限定の求人がある

焦点を絞って転職対策を行える

ピンポイントで対策ができる
リクルートエージェントのような総合型転職エージェントでは対策を行えないというわけではありませんが、対象としている年代が幅広いため若干不十分です。

しかし特化したエージェントであればより“効率的”に“焦点を絞って”対策を行うことできます。

特化したエージェントは多くの第二新卒者を転職させてきた経験とノウハウがある第二新卒のプロフェッショナルであり、企業が第二新卒に求めていることも熟知しています。

「履歴書にはどのようなことを書けばいいのか?」
「職務経歴書には何を書けばいいのか?」
「面接ではどんなことをアピールするべきなのか?」

過去の成功例や失敗例をもとに転職活動では欠かすことのできないこれらの対策をピンポイントで行うことができます。

だからこそ幅広い年齢層の人を対象にしている転職エージェントではなく、第二新卒に特化している転職エージェントを利用するべきなのです。

第二新卒限定の求人がある

第二新卒限定の求人
第二新卒限定と明記しているわけではありませんが、第二新卒に特化したエージェントで紹介してもらえる求人は実質、“第二新卒限定の求人”です。

第二新卒だけが欲しい企業

スキルがあり即戦力となるような人材が欲しい企業であれば、わざわざ第二新卒に特化したエージェントに求人を出したりはしないでしょう。

リクルートエージェントのような大手のエージェントの方が、より効率的にスキル・経験を持った人材を採用できるのですからそんな無駄なことはしません。

あえて第二新卒に特化したエージェントに求人を出しているということは、スキルや経験がなくてもポテンシャルのある“第二新卒だけ”が欲しいということなのです。

第二新卒可や第二新卒歓迎ではなく

“第二新卒だけ”

なのです。

限定しているからライバルが少ない

優秀な人材
総合型転職エージェントで紹介される求人は、第二新卒のみを対象としているわけではありません。第二新卒歓迎の求人はあくまで「第二新卒も応募していいですよ」ということであり、経験もスキルもある優秀な人材が応募してくる可能性があるのです。

どれだけポテンシャルをアピールできたとしてもやはりスキルや経験が豊富な人が相手なら勝ち目はありません。

しかし第二新卒に特化したエージェントで紹介される企業への応募であれば、ライバルは同じ第二新卒です。

総合型のエージェンを利用して優秀ならライバルと争うよりも、ほとんど同じ条件の第二新卒と争ったほうが成功率が高くなるのは当然です。

第二新卒向けおすすめ転職エージェント
【5つだけを厳選】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント

転職エージェント・転職サイトはたくさんありますが、 どの転職エージェントが第二新卒におすすめなのか? どの第二新卒はどの転職エージェントを使うべきなのか? パッと見ただけはわかりませんよね。 ここでは ...

続きを見る

人気のまとめ記事

第二新卒の転職 1

「新卒で入社した企業を3年未満で辞めた」そんな第二新卒として転職活動をするなら、やはり第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを使いたいものです。 第二新卒に特化したものであれば、求人はすべて「 ...

転職活動を進める 2

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前です。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒の方は「条件に贅沢はできない」「とにかく別の会社に転職したい」という思いで、 ...

エージェントを使う 3

困難であり大変な第二新卒の転職。 それを劇的に、楽にしてくれるのが転職エージェントです。 では具体的に何をしてくれるのか? 何をどう楽にしてくれるのか? 転職エージェントを使うべき理由と題して解説しま ...

第二新卒向けおすすめ転職エージェント 4

転職エージェント・転職サイトはたくさんありますが、 どの転職エージェントが第二新卒におすすめなのか? どの第二新卒はどの転職エージェントを使うべきなのか? パッと見ただけはわかりませんよね。 ここでは ...

-転職サイト・エージェントの利用法

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.