転職サイト・エージェントの利用法

プロの無料サポートが受けられる転職エージェントとは? 転職エージェントに関する全知識

更新日:

転職エージェントとは

転職エージェントは、無料で利用でき、プロから面接や履歴書・職務経歴書作成のアドバイスをもらえるとてもありがたいサービスです。

「第二新卒は面接でどんなことをアピールすればいいのか?」「職務経歴書には何を書けばいいのか?」といったことを教えてくれるので、第二新卒は必ず活用するべきです。

その他、このページでは転職エージェントの具体的なサービス内容を紹介します。

※おすすめの転職エージェントを知りたい方は以下のページをご覧いただければと思います。

第二新卒向けおすすめ転職エージェント
第二新卒専門の転職エージェントおすすめ5社+転職エージェントの選び方全解説

第 第二新卒に特化した転職サポートを受けられる転職エージェントが知りたい。 第二新卒向けの求人だけを紹介してもらえる転職エージェントが知りたい。 そんな願望にお応えすべく、ここでは第二新卒専門のおすす ...

続きを見る

転職エージェントとは? 転職エージェントは何をしてくれるのか?

転職活動をサポートしてもらえる

転職活動のすべてをサポートしてくれる

転職エージェントを利用する求職者は、希望の求人を紹介してもらえるだけでなく転職を成功させるための様々な転職サポートを受けられます。

具体的なサポートは以下の通りです。

※転職エージェントで受けられるサポート

  • 適職診断
  • 自己分析サポート
  • 履歴書の添削
  • 職務経歴書の添削
  • 求人紹介(非公開求人も含む)
  • 面接対策(自己PR・退職理由・志望動機の作成サポート、模擬面接の実施や想定質問を教えてくれる)
  • 面接の日程調整
  • 採用企業との条件交渉
  • 退職アドバイス

利用する転職エージェントによって、サービスの内容は異なりますが、書類の添削、非公開求人の紹介、面接対策はどの転職エージェント利用しても受けられます。

しかも転職活動をサポートをしてくれるのは、転職活動を熟知したプロです。

第二新卒として転職するのであれば、「第二新卒が面接でアピールするべきこと」や「第二新卒の職務経歴書の書き方」などを教えてくれたり、第二新卒が入社しやすい企業を紹介してくれます。

転職エージェントは無料で利用できる

転職エージェントを有する人材紹介会社は求職者からではなく、採用する企業からお金をもらっています。

例えばあなたがA社から年収500万という条件で内定をもらい、入社したとします。すると人材紹介会社はA社から手数料としてあなたの年収500万円の何%かを報酬として受け取ります。

転職エージェントは採用企業からお金を受け取っているので、転職希望者は無料で利用できるのです。

転職求人サイトとは何が違うのか?

転職エージェントと転職サイトの違い

転職活動を始める方が求人を探す際にまず、利用するものとして求人サイトがあります。たとえば「 リクナビNEXT 」や「 マイナビ転職 」などのサイトです。

「求人広告」や単に「転職サイト」などとも呼ばれます。

このような求人サイトとは何が違うのか? 

以下にまとめました。

転職エージェント 転職求人サイト
キャリアアドバイザーによるサポート
転職相談 可能 不可
非公開求人の紹介
求人への応募方法 キャリアアドバイザー経由 企業に直接応募
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書の添削
面接・入社日程の調整方法 キャリアアドバイザーが代行 自力
応募企業とのやり取り キャリアアドバイザーが代行 自力
退職アドバイス
利用料金 無料 無料

簡単に説明するならば、

キャリアアドバイザーが転職活動のすべてを面倒見てくれるのが転職エージェント。

求人応募、面接対策、企業との連絡をすべて自力で行うのが転職求人サイト。

ということになります。

転職求人サイトだけを利用した場合、気軽に転職活動を行えますが、転職エージェントを利用した方が、プロのサポートが受けられるので、効率的に転職活動を進められます。

「自分のペースで転職活動を進めたい」という方には、転職エージェントは向いていないでしょう。

一方、「向いている仕事が分からない」「面接が不安」「職務経歴書の書き方が分からない」という方は転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントは必須!第二新卒が転職エージェントを使うべき5つの理由

転職エージェントは様々なメリットがあります。転職が初めてである第二新卒は積極的に利用するすべきです。

その理由について、以下のページより抜粋して紹介します。

第二新卒が採用されやすい企業だけを紹介してくれる

転職エージェントを利用する

転職サイトに掲載されている「第二新卒歓迎」「未経験歓迎」の求人は応募者を釣るための求人である場合があります。

色々なキーワードを付けて検索にひっかかりやすくしていたり、とにかく応募者を集めるために色々な条件を挙げていたりする場合があるのです。

そのような求人に応募しても、第二新卒の採用に積極的でないため不採用になります。

時間を浪費するだけです。

しかし第二新卒専門の転職エージェントを使えば、紹介してもらえる求人はすべて第二新卒の採用に積極的な企業です。

また転職エージェントの求人は基本的に一般には公開されない、いわゆる非公開求人なので倍率が低くなっています。

つまり第二新卒が採用されやすい企業だけを紹介してもらえるのです。

企業に推薦してもらえる

企業に推薦状を出す転職エージェント
自力で転職活動をする場合、コネを使わない限り、自分のことを企業に推薦してくれる人なんて存在しません。

自分の身一つで企業の選考に臨む必要があります。

それはそれで生き様としてはいいですが、あまりにも非効率です。

転職エージェントを使えば、キャリアアドバイザーが相手企業に推薦状を出してくれます。

「キャリアアドバイザーの推薦」という強力な武器を装備して企業の選考に臨めるのです。

こんな強力な武器を使わない手はありません。

ネガティブな退職理由をポジティブに変えてくれる

ポジティブに変える

休みがない、残業が多い、上司がウザい、仕事がつまらない。

退職理由はたいていネガティブなものです。第二新卒はなおさらです。

面接ではネガティブな退職理由をそのまま伝えるわけにはいきません。

「上司が嫌いなので辞めました」などと話せば、「忍耐力がない」「気に入らない人がいたらすぐ辞める人」という評価を受け、不採用となります。

どうにか納得してもらえるような退職理由を考えなければいけないのです。

そこで役に立つのが転職エージェントです。

いとも簡単に、面接官が納得してくれるポジティブな退職理由を生み出してくれます。

言い回しを考えてくれたり、伝えるべきではないことを教えてくれたりするのです。

魅力的な職務経歴書の作り方を教えてくれる

履歴書・職務経歴書を作成する
第二新卒の転職の場合、業務経験が浅いので職務経歴書は質素になりがちです。

そもそも職務経歴書の書き方すらわからないという場合もあるでしょう。

だからといって適当に書いた職務経歴書を提出しても、不採用になるだけです。

そんな職務経歴書の問題を解決してくれるのが転職エージェントです。

書類選考を通過するには何を、どのように書いたらいいのか?
面接で有利になるためには何を書いたらいいのか?

魅力的な職務経歴書の作り方を丁寧に教えてくれます。

職務経歴書の書き方が分からなくて悩み続ける必要もなくなるのです。

これだけでも、転職エージェントを使う価値はおおいにあります。

採用されるための面接対策をしてくれる

面接を受ける会社員

中途採用の面接は、新卒の時に違う点がたくさんあります。

たとえば相手側の採用基準、アピールすべきこと、聞かれる質問、面接の回数など違うことがたくさあり戸惑うことばかりです。

転職エージェントを使っていれば、面接を通過するために必要なこと、すべきことをピンポイントで教えてくれます。

話すべきこと、話すべきではないこと。

聞かれる質問、面接の雰囲気など、自力では知り得ないことも教えてくれるのです。

不採用の理由を教えてもらえる

エージェントは企業の採用担当者と直接やりとりをしているので、不採用になった時は不採用の理由を教えてくれます。

落ちた原因が明確になるので、次の面接に向けて的確な対策ができるのです。

このように転職エージェントでは、自力では絶対に知り得ないことを教えてもらえます。

まさに採用されるための面接対策を受けられるのです。

転職エージェントをうまく利用するポイント

便利な転職エージェントですが、丸投げしていたのでは、そのメリットを最大発揮できません。

うまく活用するにはちょっとしたコツが必要でもあります。

そんな転職エージェントをうまく利用するこつを以下の記事から抜粋して紹介します。

転職エージェントをやる気させる
転職エージェントをうまく活用するための心掛けたい6つのこと

転職エージェントはあなたの転職活動を任せることになる大切なパートナーです。いい仕事をしてもらえれば、それだけあなたの転職活動もうまくいきます。 ではいったいどうすればキャリアアドバイザーに良い仕事をし ...

続きを見る

転職活動の状況を正直に伝える

今の仕事がどれぐらい忙しいのか、転職活動のどれぐらいの時間を割ける状況なのか。また、他の転職エージェントを利用しているのか、独自で企業に応募しているのか。

転職エージェントを利用するなら、転職活動の状況は全て正直に伝えましょう。

他の転職エージェントを併用していることや、独自で応募していることなど、気まずくて言いづらいかもしれません。

しかし、自分の情報を隠さずに全て伝えることによって、転職エージェントは全体を考慮した転職活動のスケジューリング・最適なアドバスの提供ができるようになるのです。

自分の願望をはっきり伝える

願望をはっきり伝える
転職エージェントに登録すれば、面談や書類の添削、面接対策などはしっかりと行ってくれます。

だからといって受け身な姿勢では、様々な情報やサービスを勝手に提供してくれるわけではありません。

転職活動の主役はあくまでも自分です。

転職エージェントも求職者の要望が分からないと適切なサポートすることができないので、エージェントにどこをどうサポートをしてほしいのか具体的に伝えましょう。

エージェントから得られる情報を最大限活用する

転職エージェント
転職エージェントを利用すれば求人広告には掲載されていない企業のリアルな情報や、過去にその企業に転職した人の現在の様子、面接で聞かれた内容など様々な情報などを得ることができます。

転職エージェントでしか得ることのできない情報を主体的に得ようとすること、そして情報を得た上でしっかりと自分で決断することが大切です。

エージェントが応援したくなる人とは転職活動に対して主体的で、一所懸命な人です。

謙虚になる必要なんてありません。

得られる情報を全て得る、ぐらいの気持ちでエージェントを頼りましょう。

連絡や報告をきちんとする

連絡をする
転職エージェントを利用すると面接の希望日や、面接に行った後、どんな面接だったのか、感触はどうかなどを連絡することを求められます。

現職の仕事が忙しかったり、転職活動が忙しかったりすると連絡が面倒になってしまうこともあるでしょう。

しかし、転職エージェントと信頼関係を築く上で転職活動の状況を逐一連絡することは大切です。

また、しっかりと連絡をしておいた方がエージェントもスケジュールを組みやすくなるので、面倒がらずにしっかりと連絡・報告をするようにしましょう。

転職エージェントを頼る

エージェントを頼る
頼るといってもすべてを丸投げするという意味ではありません。

あくまでも自分でできることは自分で行い、自分でできないことは転職エージェントを頼るということです。

例えば、自己分析や企業選びはある程度自分で行わなければいけません。しかし面接の日程調整に関しては自分だけではできないことがあります。

そういった自分ではできないことに関して、転職エージェントを頼り切るのです。

仕事が忙しいのなら、自分の予定をエージェントに全部伝えておいて、空いている日に面接の予定を組んでもらうように頼みましょう。

エージェントはスケジュールを把握しているので、企業との日程調整を行いやすくなります。

また面接までにどれぐらいの時間があるかを把握できるので、面接対策も適切も行うことができます。

頼れることは頼ってしまうこと、これが親身なサポートを受ける上で重要なのです。

おすすめ転職エージェント

※転職エージェント一例
※転職エージェントまとめ
第二新卒向けおすすめ転職エージェント
第二新卒専門の転職エージェントおすすめ5社+転職エージェントの選び方全解説

第 第二新卒に特化した転職サポートを受けられる転職エージェントが知りたい。 第二新卒向けの求人だけを紹介してもらえる転職エージェントが知りたい。 そんな願望にお応えすべく、ここでは第二新卒専門のおすす ...

続きを見る

転職を成功に導くまとめ記事

第二新卒向けおすすめ転職エージェント 1

第 第二新卒に特化した転職サポートを受けられる転職エージェントが知りたい。 第二新卒向けの求人だけを紹介してもらえる転職エージェントが知りたい。 そんな願望にお応えすべく、ここでは第二新卒専門のおすす ...

転職活動を進める 2

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒や20代だと、「条件に贅沢はできない」「とにかく転職したい」と周りが見えなくなり ...

面接を受ける会社員 3

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のためにおすすめしたいのが、書類選考なしで面 ...

-転職サイト・エージェントの利用法

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.