自己分析はなぜ重要なのか?自己分析の重要性と自己分析のやり方を解説

自己分析をする

転職活動をはじめるなら自己分析は絶対にやるべきです。

しかしなぜ自己分析をやるべきなのか? その重要性がいまいちわからないという方もいるでしょう。

そこでここでは、自己分析の重要性について解説します。また自己分析の具体的なやり方についても解説していきます。

スポンサーリンク

自己分析はなぜ重要なのか?

なぜ仮の条件?

自己分析が重要である理由は主に2つ。

  • 自分のアピールポイントを把握するため
  • 人生の目標やこれから進めるべきキャリアを明確にし、転職を成功させるため

以下、具体的に解説していきます。

理由1:自分のアピールポイントを把握するため

「どんな人間なのか」
「どんな強みを持っているのか」
「どんな弱点を持っているのか」

内定をもらうためには自分のアピールポイントをしっかり伝える必要があります。

そのためには、自己分析は自分のアピールポイントをしっかり把握していなければいけません。

たとえば、まったく知識がない商品についてプレゼンしろといわれても、無理ですよね。

同じように、自分という商品の魅力を伝えて、採用してもらうためには、自分を魅力や自分を採用するメリットを隅々まで把握しておく必要があります。

そして自分のアピールポイントを探る作業が、自己分析ということです。

理由2:転職の目的や進むべきキャリアを明確にし、転職を成功させるため

なぜ、自己分析は重要なのか?

もう1つ理由は、転職の目的や進むべきキャリアを明確にし、転職を成功させるためです。

転職の目的があいまいだと転職は失敗する

転職で失敗する人の特徴として挙げられるのが、転職の目的があいまいなこと。

転職の目的とは、

なぜ転職するのか?
なぜ転職する必要があるのか?
この転職でどんな不満・問題を解決したいのか?

ということです。

この転職の目的があいまいだと、転職活動が長引いて精神的に疲弊した時、企業選びで妥協して転職後に後悔することになります。

また、転職の目的があいまいなので、企業選びの基準もあいまいです。

そのため給料や企業規模、企業の知名度といったわかりやすい条件だけで転職先を決めてしまう場合も。

そういったわかりやすい条件で転職した場合、何か1つでも気に入らないことがあると、また「転職したい」と考えるようになります。明らかに失敗の転職です。

自己分析で転職の目的を明確にする

失敗したくない、後悔したくないのであれば、自己分析によって転職の目的を明確にしましょう。

なぜ転職するのか?
なぜ転職する必要があるのか?
この転職でどんな不満・問題を解決したいのか?

上記のことを明確にしておけば、おのずと転職すべき企業も明確になるはずです。

これができれば、企業選びで悩んだり、妥協したりして失敗することもないはずです。

自己分析の方法

自己分析

続いて自己分析の具体的な方法について紹介していきます。

また、自己分析の内容は“書面”に残すようにしておきましょう。

後で自分を客観的に見つめなおすことができますし、第三者に確認してもらうことができ、新たな発見もあります。

それでは具体的に自己分析の方法を解説します。

自己分析においてやるべきことは、以下の4つです。

  1. モチベーションが上がるのはどんな時かを探る
  2. 強み・弱みは何かを探る
  3. 将来の自分を考える
  4. 会社選びの条件を整理する

モチベーションが上がるのはどんな時かを探る

モチベーション、つまりやる気が出る時はどんな時なのかを掘り下げましょう。

  • 組織で何かを成し遂げた時なのか? それとも個人で何かを成し遂げた時なのか?
  • 逆境の時にモチベーションが上がるのか? 順調な時にモチベーションが上がるのか?

など、これまでの業務経験を振り返って具体的に考えてみてください。

またなぜそのモチベーションが上がるのか・下がるのか? などの理由についても具体的に書きだすようにしましょう。

強み・弱みは何かを探る

上司や同僚に褒められたことは何か、逆に注意されたことは何かなど、過去を振り返り、自分の強みと弱みを洗い出しましょう。

またその際、特に強みを重視してください。

転職でアピールすることが重要なので弱みよりも強みを重点的にアピールできる方が望ましいです。

将来の自分を考える

どんな仕事をしていたいのか、年収どれぐらい欲しいのか、プライベートの時間はどれぐらい欲しいのかなど、自分の将来の姿を具体的の想像してみましょう。

また、なぜ転職を考えたのかも同時に整理しておいてください。

会社選びの条件を整理する

将来の自分を考えたら、次は会社選びの条件を具体的にしていきましょう。

  • どんな仕事をしたいのか
  • どんな成長をしたいのか
  • どんな働き方をしたいのか
  • どんな人と働きたいのか

これらを明確にしてください。

自己分析のやり方がわからない場合は、プロのコンサルタントに相談する

転職エージェントを利用する

「自己分析のやり方がわからない」「誰かに相談してみたい」という場合、1人で悩むではなく、転職エージェントを使いプロのコンサルタントに相談しましょう。

転職エージェントは無料で利用可能な転職支援サービスで、第二新卒やスキルや経験が乏しい方も利用可能です。

自己分析のやり方を教えてくれるのはもちろんのこと、プロの視点から向いている仕事や転職活動の進め方についてアドバイスをしてくれます。

他にも転職活動が楽になる様々なサポートを受けられるので、登録だけでもしておきましょう。

※転職エージェント一例

※転職エージェントまとめ

失敗しない転職エージェントはどれ? 第二新卒専門の転職エージェント【おすすめ5選】
ここでは第二新卒の転職支援を専門とする転職エージェントのなかから、おすすめを5つ紹介します。紹介する転職エージェントは未経験の方でも利用可能です。また首都圏だけでなく、大阪、名古屋でも利用できる転職エージェントを厳選しているのでご覧いただければと思います。

それでもやりたいことがわからない場合

転職するべきか悩む

どんな仕事がしたいのか、どんな人生を送りたいのかといったことがわからないという場合もあるでしょう。

そんな時は「やりたくないこと」をとことん突きつめてみてください。

こんな仕事は絶対にイヤだ、こんな職場では絶対に働きたくない、など嫌いなこと、気に入らないことは割と簡単に出てくるはずです。

そしてその「やりたくないこと」しないためにどんな仕事に就くべきなのか、どんな生き方をするべきなのかを考えてみてください。

やりたい仕事の見つけ方・やりたい仕事がわからないときの対処法
就職してみたもののやりたい仕事がよくわからない。 やりたい仕事、向いている仕事に関する悩みは多くの社会人が抱えるものです。 どうすればやりたい仕事がわかるのか? その悩みを解決す...