プライベートを重視するなら「みなし残業制」の企業に転職してはいけない!その理由とは?

みなし残業制に注意
ベンチャー企業やクリエイティブ系の求人で給与の欄に「みなし残業代●●時間を含む」という文言を見かけます。給料よりもやりがいと成長だ! というバリバリ働きたい方にとって特に気にする必要はありません。

しかし、プライベートの時間をしっかり確保したい方は絶対にこういった企業には応募しない方がいいでしょう。ほぼ間違いなく仕事が中心の生活が待っています。

みなし残業代がある企業は、毎日確実に残業がある

みなし残業代は、定時で帰ったとしても残業代が払われる制度です。定時に終わるような仕事であれば、企業にとってみなし残業代を毎月出すことはデメリットしかありません。

それでもみなし残業代を支払う企業があるのはなぜか?

定時で終わるような仕事ではないからです。

つまり、確実に残業がある仕事なのです。

そもそも残業の概念がない場合も

私が過去に働いていた企業は毎月40時間のみなし残業がありました。

しかし、40時間以上の残業する月がほとんどです。周りの社員は誰が残業することを当たり前として働いているので、定時を過ぎた後に平気で仕事を振ってくることもあります。

定時は一応設けられているのですが、あってないようなも。定時も、残業という概念もないのです。

残業が当たり前だから定時に仕事が終わっても帰れない

時期やプロジェクトによっては定時に仕事が終わる日もあります。

定時に帰ろうとする社員はまずいないので、とても帰りづらいです。

みなし残業代の分、しっかり働けと言われるようなことはありませんが、それを暗に求められているような雰囲気があります。

定時に仕事が終わる日なんて一か月に一度あるかないかです。それでも定時に帰ることなんて到底不可能なのです。

みなし時間を超えた残業代は支払われない場合がほとんど

企業によってはみなし残業時間を超えた残業代をしっかりと支払ってくれることもあります。

しかしそうでない企業がほとんどです。

法律的にはみなしを超えた残業代はしっかりと請求できることになっています。

しかし、企業にそれをお願いするのは簡単なことではありません。企業に請求するとなれば退職を覚悟しなければいけないでしょう。

みなし残業制の企業は、残業代は定額、残業時間は無制限

支払われない企業の場合は、残業代定額・残業時間無限の仕事が待っています。

あらかじめ残業代が給料に乗っているため、上司は部下を早く返してあげるという気遣いをしません。

みなし分に相当する、もしくはそれ以上の労働を求められるのです。

プライベートの時間を確保したい人は絶対に向いていない

私が従事していた仕事は、内容自体は面白いものだったのですが、仕事、食事、寝るの繰り返しの毎日でした。パワハラなどはなく和気あいあいとして職場だったのですが、さすがにプライベートの時間をまったく確保できない生活はつらいものです。

そんな経験を踏まえてお伝えしたいのは、興味のある仕事でもプライベートの時間を確保したいなら、みなし残業制を導入している企業に転職してはいけない、ということです。

残業手当がしっかり設けらていることを確認してから応募しましょう。

企業の実態を把握する方法とは?

「残業。休日出勤が多い企業なのかどうか」「プライベートの時間はあるのか」など、企業の労働時間や社風、職場の雰囲気などは、求人ページからでは分かりづらいものです。

そこで役立つのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーから求人を紹介してもらう形で求人に応募することになるのですが、コンサルタントは求人企業の内情を詳しく知っています。

残業、休日出勤が多い企業なのか、どのような社風の企業なのか、といったことを熟知しているので企業の実態を把握するのにかなり役立ちます。

その他の、面接対策やキャリアプランニング、職務経歴書の添削といったサポートをも受けられるので、効率的に内定を勝ち取ることができます。

※転職エージェント一例

※転職エージェントまとめ

第二新卒専門の転職エージェントおすすめ5社|第二新卒が使える総合エージェントも併せて解説
ここでは第二新卒の転職支援を専門とする転職エージェントのなかから、おすすめを5つ紹介します。紹介する転職エージェントは未経験の方でも利用可能です。また首都圏だけでなく、大阪、名古屋でも利用できる転職エージェントを厳選しているのでご覧いただければと思います。

※その他、以下の記事ではブラック企業を避けるための注意点を解説しています。

第二新卒がブラック企業に転職しないために実践すべき5つのこと
「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒や20代だと、「条件に贅沢はできない」「とにかく転職したい」と周...