会社・仕事が合わない…仕事・職場を変えるならはやいほうがいい!その理由とは?

辛い仕事
「職場の人間が上手くいかない」「仕事にやりがいを感じることができない」「プライベートの時間が確保できない」

「せっかく入社したのだから3年ぐらいは続けなければ」と、つまらない・つらい仕事を続けていませんか?

しかし、仕事・職場を変えるなら、1日でもはやいほうがいいです。

その理由について解説します。

スポンサーリンク

なぜ、仕事・職場を変えるならはやいほうがいいのか?

planes-285568_640

年齢が上がると転職の選択が狭まるから

年齢とともに転職の選択肢は狭まります。

たとえば、未経験の仕事に挑戦するなら20代までと言われています。

なぜねあら30代以上になると、業務経験やスキル、実績を必須としている求人だけになるからです。

30代になって新しい仕事にチャレンジしようと思っても、30代の未経験を採用してくれる企業なんてどこにもないのです。

家族ができたら簡単に仕事を辞められなくなるから

結婚し、子供ができたら、転職などといっていられるでしょうか。

起業や独立など、リスクの大きいことなんてなおさらできません。

しかし、現在20代であり、独身で子供もいないのなら、自分が生活できるだけのお金を稼げばいいだけです。

アルバイトでもしながらじっくり自分に合った職場や環境を探すことだって可能です。

もしあなたが今、結婚していないのであれば、転職する絶好のチャンスといえます。

同じ1年なら新しい職場で過ごす1年の方が得るものが大きい

dates-595062_640
つらい仕事であっても、どこかで何かをしている限り何かしら得るものがあります。

しかし自分をさらに成長させる環境が別にあるしたら、もっとやりがいを感じて生き生きと働ける環境があるとしたら、今の職場にとどまっていることってかなり無駄だと思いませんか?

同じ1年なら、不満を感じながらダラダラするよりも、生き生きとやりがいを感じながら過ごす1年の方が自分にとってためになるのは明らかです。

時間は自分の人生の断片であり、命の断片です。何よりも貴重な命の断片、つらくて苦しい仕事に使うよりも、他のことに使ったほうがいいのは確実でしょう。

今の仕事を続けたら3年後、後悔しませんか?

3年後後悔?
今の職場を飛び出すことに対して不安もあるはずです。

しかし考えてみてください。

今の仕事を続けた場合3年後、後悔しませんか?

私も新卒で入社した企業を半年で退職しました。単調な仕事が中心であるその職場ではやりがいや、自己成長を全く感じられなかったことが理由です。

退職を決意するに至るまで1か月ほど悩みました。「スキル・経験・忍耐力なしの自分を雇ってくれる企業なんてないかもしれないと」と退職に対して不安を持っていたからです。

しかし、「このままダラダラ仕事を続けていても絶対に後悔する」そう思い退職を決意しました。

新卒で入社した企業を1年未満で退職して後悔したこと・良かったこと
入社して1年未満で辞めても後悔しないか?1年未満で辞めるメリットは何か?「新卒で入社した企業を、1年未満で辞めようか考えている」そんな方にとって退職は不安が尽きないものです。...

第二新卒でも意外と内定はもらえる

退職をしてからは、自分の希望に合った求人に片っ端から応募していきました。

希望に合った求人を逃したくないので、いくつもの転職エージェントと転職サイトに登録して徹底的に使い倒しました。

その結果3か月ほど内定をもらうことができました。

スキル・経験・忍耐力なしの第二新卒でも自分の希望に合った企業から内定をもらうことができるのです。

※転職エージェント一例
  • 第二新卒エージェントneo:優良企業だけを紹介してもらえる第二新卒専門エージェント。対応が親身なのが特徴。
  • doda:大手マイナビの20代向け転職エージェント。
  • パソナキャリア:約4万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。サポートの質が高いことで定評がある。

※転職エージェントまとめ

失敗しないのはどれ?第二新卒専門転職エージェント【おすすめ5選】
【第二新卒専門エージェント限定】ここでは数ある転職エージェントのなかから、第二新卒専門の転職エージェントだけを紹介します。誰でも使えるような大手のエージェントは除外しているので、このページを読めば本当に第二新卒が使うべきエージェントがわかります。

転職に失敗しても、独立に失敗しても最悪、死ぬわけではない

最悪生きている
仕事を辞めて次の職場が見つからなかったとしても、最悪、命を落とすわけではありません。

若いうちになら両親も健在であり実家があるでしょう。最悪、実家に帰って地元でバイトをすれば生きていくとはできます。

不謹慎な話かもしれませんが、もし両親がいなかったとしても、日本には生活保護制度あります。受給には様々な条件がありますが、最悪の場合、国がしっかりと保護してくれるのです。

とにかく今の仕事に不満を感じているのなら思い切って退職してください。

一度、何もかもリセットして、自分が本当に望む方向に歩みを進めてみてください。

一回目の挑戦で希望通りの人生をつかめるかどうかはわかりませんが、挑戦しないよりは断然いいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました