「どんなマイナス要素なら受け入れられるか?」企業を選ぶ時に考えるべきたった1つのこと

4fece71a3f75ea561e93903f5d09836c_s
勤続年数3年未満での転職。今の職場でどうしても嫌なことがあり「こんな会社辞めてやる!」そう思ったら転職を決意したのではないでしょうか。

当然、「次の会社は長く勤めたい」という思いは強いはず。

ではどうすれば会社選びに失敗しないのか?

二度と企業選びで失敗しないために、最も重要な1つのことは、

「どんなマイナスなら受けいられるか?」を明確にしておくことです。

転職はすべてをバラ色に変えてくれるわけではない

medium_142235293
転職によってすべてが望み通りの職場を見つけられるということはありません。

何かを優先させれば他の何かを失う

例えば、年功序列賃金制が嫌で転職を考えていたとします。

その悩みを解決するために完全成果主義のベンチャー企業に転職したら素晴らしい人生が送れるのでしょうか?

たしかに成果主義になり賃金は頑張ったら頑張った分だけもらえるかもしれません。しかしその分、労働時間は長くなるでしょう、また成果を出せなくなったら給料は下がります。

もしその環境で自分が成果を出せなくなったとしたら、もし結婚してお金が必要になった時にスランプに陥って給料が下がってしまったとしたら苦しい生活が待っているでしょう。

また常に成果に終われる生活は精神的に辛いかもしれません。また当然労働時間も長くなるでしょう。

逆に年功序列賃金制なら毎日普通に働いていれば給料は上がっていきます。そこそこ努力は必要かもしれませんが、成果主義の企業よりは必要ないはずです。

つまり一つ自分の望みを叶えようとすると何かを失わなければならいのです。

どんなマイナスなら受けいれらるか

orio-116965_1280
実際、マイナスのない転職はないと思ったほうが良いでしょう。

つまり転職は

そのマイナスがあったしても働きた場所を探すこと

これが重要になるのです。

マイナス要素を徹底的に洗い出す!

転職で企業を選びをする時、待遇が良い、雰囲気が良い、成長できる、やりがいがあるなどプラス要素に目を向けがちです。

しかし、まずは「どんなマイナスなら受け入れられるのか」これを洗い出していきましょう。

やりがいがあれば、休みがなくてもいいのか、ノルマが厳しくてもいいのか、企業の将来性がなくてもいいのか。

転職したい企業の色々なマイナス要素をピックアップして、それを受けれてでもそこで働きたいかどうか何度も自問自答してみましょう。

転職活動を効率的に行う方法とは?

「時間がなくて企業探しをしている時間がない」
「面接対策を徹底的にしたい」
「自己PRが分からない」

といったように転職に関する疑問や不安を解消し、転職活動を効率的に進めていくために役立つのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用すると、プロのキャリアアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、キャリアプランニングといった転職支援を受けられます。

※転職エージェント一例
  • 第二新卒エージェントneo:優良企業だけを紹介してもらえる第二新卒専門エージェント。対応が親身なのが特徴。
  • [st_af id="5170"]:大手マイナビの20代向け転職エージェント。
  • [st_af id="5291"]:約4万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。サポートの質が高いことで定評がある。

※転職エージェントまとめ

第二新卒専門転職エージェント【おすすめ5選】ここから選べば間違いないエージェントを厳選
【第二新卒専門エージェント限定】ここでは数ある転職エージェントのなかから、第二新卒専門の転職エージェントだけを紹介します。誰でも使えるような大手のエージェントは除外しているので、このページを読めば本当に第二新卒が使うべきエージェントがわかります。