内定をもらったら

内定から入社までの期間はどれがぐらいがベストか?

投稿日:

入社希望日はいつ頃と答えるのがベストか?
在職中であれば、内定から入社までの期間は一般的に2か月~3か月です。2、3か月あれば退職交渉、引き継ぎ、入社準備も十分にできます。

「入社日はいつにしましょうか?」と聞かれたら「引き継ぎがありますので2か月後の○月○日ではいかかでしょうか?」と回答するようにしましょう。

離職中の場合は、次の月の最初の営業日に入社が妥当です。ただし企業によっては「来週から入社できますか?」と聞いてくる場合もあります。

企業側から入社日を提案された場合は、特別な理由がない限り、従った方がいいでしょう。例えば離職期間中にアルバイトをしていて、それを辞めなければいけない、引っ越しの手続きなある場合などは、入社日を1か月先、2か月先に指定しても問題ないでしょう。

しかし、「1か月ぐらいゆっくりしたい」という理由はアウトです。内定を取り消される場合があります。

3か月以上先を入社日に指定するのはNG

NG
9月に内定が決まったとして、「切りのいい1月から入社でお願いします」といったように3か月以上先に入社日を指定するのはNGです。

この発言で内定を取り消される可能性があります。

冒頭でも解説しましたが、内定から入社まで企業が待ってくれるのは、最長で丸3か月です。望ましいのは2か月程度で、丸3か月期間が空くと難色を示される可能性があります。

企業側はすぐに人が欲しい

第二新卒であろうとも、中途採用をする企業側は、すぐに人が欲しいのです。

それが3か月後、4か月後となれば企業の事情も変わってしまいます。また、その間も採用活動を続けていれば、もっと優秀な人材を採用できたかもしれません。

退職交渉、引き継ぎなどもかねて、1か月、2か月待つのは仕方がないとしています。しかしそれ以上伸びてしまうのは、退職交渉をスムーズにできない本人の怠慢とみなされる可能性があります。

また離職中であれば、「そんなに働くのが嫌なのか?」と労働意欲を疑われます。

いずれせよ、何としてでも3か月以内に入社することを心がけましょう。

退職交渉や入社日の調整は転職エージェントを利用すると楽になる

転職エージェント
退職交渉、入社日の調整に不安、疑問があるという方は転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを利用すると、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策などのサポートをしてくれるだけでなく、退職に関するアドバイスをしてくれます。

退職交渉が難航しそうな場合、どうすればスムーズに退職できるのか、アドバイスをくれます。また、企業側との入社日の調整はエージェントが間に入ってやり取りをしてくれます。

入社日に関してもある程度を融通を利かせることができまし、また変なプレッシャーもなく入社日を決定することができます。

人気のまとめ記事

第二新卒の転職 1

「新卒で入社した企業を3年未満で辞めた」そんな第二新卒として転職活動をするなら、やはり第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを使いたいものです。 第二新卒に特化したものであれば、求人はすべて「 ...

転職活動を進める 2

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前です。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒の方は「条件に贅沢はできない」「とにかく別の会社に転職したい」という思いで、 ...

エージェントを使う 3

困難であり大変な第二新卒の転職。 それを劇的に、楽にしてくれるのが転職エージェントです。 では具体的に何をしてくれるのか? 何をどう楽にしてくれるのか? 転職エージェントを使うべき理由と題して解説しま ...

-内定をもらったら

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.