仕事・企業選び

第二新卒がブラック企業に転職しないために気をつけるべき5つのこと

更新日:

ブラック企業で働くビジネスパーソン
「ブラック企業には入りたくない!」

そんなことは当たり前。誰もが思っていることです。

しかしスキルや経験が乏しい第二新卒の方は「条件に贅沢はできない」「とにかく別の会社に転職したい」という思いで、企業を精査せずに転職先を決めてしまうことがあります。

そんな第二新卒を狙うかのうように、ブラック企業は「第二新卒歓迎」「未経験歓迎」などと条件を下げて求人を出します。

第二新卒の方は、注意しないとブラック企業に捕まる恐れがあるのです。

ではどうすれば、どんなことに気をつけて企業を探せばいいのか? 転職活動を進めればいいのか?

5つの気をつけるべきポイントを紹介します。

採用ハードルを低くしている企業には気をつける

第二新卒の求人を探す
第二新卒歓迎求人を探していると、

「やる気があれば採用」「学歴、経験不問」などやたらと採用ハードルを下げている企業を目にすることがありますが、このような企業には注意が必要です。

採用ハードルを下げないと人が集まらない

採用ハードルを下げるのは、

  • 採用ハードルを下げないと人が集まらない
  • すぐに人が辞めるので採用ハードルを下げて大量に採用しないといけない

このように理由があるからだと考えられます。つまり、何かブラックな噂がある、労働環境、仕事内容に問題があるブラック企業の可能性があるのです。

また採用ハードルの低い企業は、誰でもできる単純作業でスキルや経験が身につかない場合もあります。

もちろん単純に業績が良く、若手を大量に採用してじっくり育てていきたいという真っ当な企業もありますが、少数派です。

いずれにしても採用ハードルがやたらと低い企業は注意した方がいいでしょう。

社風の良さ、社員同士の仲の良さばかり強調している企業には気をつける

社風の良い会社
これも未経験歓迎や第二新卒歓迎の求人によく見られる特徴です。

たとえば仕事内容や商品、サービスの説明がほとんどないにもかかわらず、社員旅行の写真がアップされていたり、「自由な発想を応援する会社です」「アットホームな職場です」など社風の良さや社員の仲の良さをアピールしているような会社です。

他にアピールできるものがない

優良企業であれば、自社の優良ぶりをアピールしたいので、業界での優位性や商品、サービスの優位性を紹介して安定した企業であることをアピールします。

また福利厚生に自信がある企業なら、福利厚生の充実ぶりをアピールするはずです。

そもそも福利厚生が充実している企業であれば、社内の雰囲気が良いことは自然に想像できるので、わざわざ社風の良さなどをアピールする必要もありません。

それにも関わらず社風の良さ、社員の仲の良さのアピールに終始するというのは、他にアピールポイントがない証拠です。

商品、サービスはアピールできるほどでもない、福利厚生も大したことない、安定しているともいえない、そんなネガティブな面ばかりの会社なのです。

その他「頑張る社員を応援」「一緒に夢を追いかけてくれる人歓迎」など精神論で終始している企業も同様に、他のアピールポイントがないということなので注意したほうがいいでしょう。

業務内容・仕事内容が曖昧な企業には気をつける

仕事内容が曖昧な会社
仕事内容に「住宅コンサルティング」と書いてある企業をよく調べてみると、単なる害虫駆除の営業職だったということがあります。

このように単なる営業職なのにコンサルティング、アドバイザー、マーケターなど華やかなカタカタ語を並べる企業が山ほどあります。

もちろんこのような企業がすべてブラック企業というわけではなく、なかには単に人気のない職業だからという理由で、仕事内容をカタカタ語にしている場合も。

カタカタ後を使っていても、仕事内容や扱う商材がしっかり書かれていればそれほど問題はないでしょう。

具体的な仕事内容が書かれていない企業は注意

注意が必要なのは、カタカタ語を並べるとともに、仕事内容も曖昧な企業です。

たとえば仕事内容の紹介欄に具体的な仕事内容がまったく書いておらず、なぜか社風の良さをアピールしたり、商材の説明で終始したりしている変な企業があります。

あからさまに仕事内容をごまかそうとしている、「なんとしても仕事内容を隠したい」という企業なわけです。

そんな企業に応募するのは危険といえます。

求人サイトを見るとコンサルティング、アドバイザーなどという仕事は山ほど見つかりますが、そのほとんどは単なる営業です。

すべてがブラックとは限りませんが、仕事内容や事業内容をしっかり調べておかないと「想像していた仕事内容と違う」などと後悔することになります。

ハローワークの求人はしっかり精査してから

「ブラック企業経営者の本音 秋山 謙一郎(著)」によると、ハローワークで募集をかけているブラック企業あるというのです。またハローワークにブラック企業の求人があるという話はよく見かけます。

そもそもハローワークは求人掲載が無料なので、社員に金をかけたくない、採用に金をかけたくないというブラック体質な企業が集まるのも無理はありません。

もちろん真っ当な企業が大半でしょうが、ブラックな企業も掲載されているという前提で、企業をしっかり調べるようにするべきです。

ハローワークだけに頼らない

「失業保険をもらうためにハローワークから求人応募をしないといけない」
「地方なので求人サイトでは求人を探せない」

などの理由でハローワークを利用している方もいると思いますが、極力、一般企業が運営している求人サイトも利用するべきです。

一般的な求人サイトに企業が求人を出すにはお金がかかります。もしくは採用が決まった際にお金がかかります。それが当たり前です。

社員が30、40人程の規模の企業で、その当たり前の経費すらケチるような企業はいかがなものかと思います。社員を金稼ぎの道具だと考えているのではないかと疑ってしまいます。

ですからブラック企業を避けるならハローワークだけに頼るのではなく、色々な求人サイトを使うべきです。その方が選択肢も広がり、よりより企業に出会える可能性も高くなります。

優良企業を厳選しているエージェントを使う

転職エージェントを利用する
求人広告や企業ホームページの情報から自力でブラック企業を見抜くのは簡単なことではありません。

時間も労力もかかりますし、何より100%見抜ける保証がありません。

転職サポートや求人紹介してくれるエージェントのなかには、そんなブラック企業の選別を代わりしてくれているものがあります。

離職率が高くないか、若手を育てる環境が整っているか、過去に入社した人からネガティブな情報を受けていないかなどの基準で企業を精査し、ブラックではない企業だけを紹介してくれるのです。

優良企業だけを紹介してくれる転職エージェント

第二新卒AGENTneo

実際に訪問し職場の雰囲気や働く環境をチェック。社会保険がない、離職率が高い、若手を育てる環境がないなどの企業は除外。厳選した企業のみを紹介してもらえる。

就職Shop

リクルートキャリアが運営。100%取材した企業、若手を育成した実績のある企業だけを紹介してもらえる。また人物重視の企業が集まっているので、書類選考がなしで面接を受けられる。

ウズキャリ第二新卒

離職率が高くないか、社会保険は完備されているか、若手の成長にふさわしい環境か、過去に入社した人から悪い評価・評判を受けていないかなどの基準でブラック企業を除外。定着率の高い企業だけを紹介してもらえる。

この3つの転職エージェントを利用すれば、自力でブラック企業かどうかを精査する必要はありません。また採用企業の人には聞きづらいような、残業時間や休日出勤、社風、福利厚生などについても、キャリアアドバイザーが代わりに聞き出して教えてくれます。

第二新卒の転職
第二新卒に特化!おすすめ転職エージェント【9サイトまとめ】

「新卒で入社した企業を3年未満で辞めた」そんな第二新卒として転職活動をするなら、やはり第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを使うべきです。 第二新卒に特化したものであれば、求人はすべて「第二 ...

続きを見る

転職を成功に導くまとめ記事

転職活動を進める 1

「ブラック企業には入りたくない!」 そんなことは当たり前。誰もが思っていることです。 しかしスキルや経験が乏しい第二新卒の方は「条件に贅沢はできない」「とにかく別の会社に転職したい」という思いで、企業 ...

第二新卒の転職 2

「新卒で入社した企業を3年未満で辞めた」そんな第二新卒として転職活動をするなら、やはり第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを使うべきです。 第二新卒に特化したものであれば、求人はすべて「第二 ...

面接を受ける会社員 3

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のためにおすすめしたいのが、書類選考なしで面 ...

エージェントを使う 4

困難であり大変な第二新卒の転職。 それを劇的に、楽にしてくれるのが転職エージェントです。 では具体的に何をしてくれるのか? 何をどう楽にしてくれるのか? 転職エージェントを使うべき理由と題して解説しま ...

-仕事・企業選び

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.