面接で「ご存じないかも知れませんが……」を使うのは絶対にNG!その理由とは?

最後の質問 面接官

面接では、「ご存じないかもしれませんが」と話の出だしに言うのは絶対にNGです。口癖にように使う人がいますが、面接官はこの言葉を嫌います。

使っている自覚のある方は、面接で絶対に使わないように注意しましょう。

「ご存じないかもしれませんが……」の言葉に面接官はイラッとする

「ご存じないかもしれませんが」を使う人は、丁寧に話すつもりなのかもしれません。また人事部や採用担当者を相手にした面接の場合、業界や職種も違う相手と話すことになるので、「このことは知らないだろう」と思う気持もあるでしょう。

しかし「ご存じないかもしれませんが」を連発されると、面接官としてはバカにされているような感じになりイラッとします。逆の立場になっても、相手に「ご存じないかもしれませんが」を連発されたら、能力が低いと判断されていると感じるでしょう。

「ご存知だとは思いますが」もNG

逆に「ご存知だとは思いますが」も同様に印象が悪いです。面接ではそもそも必要のない言葉です。

面接の場で「ご存じないかもしれませんが」「ご存知だとは思いますが」この二つの言葉は絶対にNGです。面接官をイラッとさせます。

面接官が現場の人で、自分と同じ知識を持ち合わせているのなら、業界用語や専門用語を使っても問題ないでしょう。しかし相手が異業界、異職種の人であるなら、業界用語や専門用語を使わずにどれだけ上手に話ができるか、そうした努力が求められます。その努力を心がけているのであれば、「ご存じないかもしれませんが」といった言葉は出てこないでしょう。

また、異業界、異職種に人に対してでも、自身の経験や実績をしっかりとアピールできれば、そのコミュニケーション能力もプラスで評価してもらえるでしょう。

面接練習をして話し方の癖を改善する

このページで紹介した「ご存じないかもしれませんが」の他にも、面接では使わない方がいい言葉が存在します。例えば、「まあ」「なるほどですね」「営業の方で……」といった言葉です。

このようなといった言葉は、無意識で使ってしまっている場合が多いので、一度、相手を置いて面接練習をして、話し方の癖を確認・改善することをおすすめします。

面接練習には転職エージェントを利用するといいでしょう。転職エージェントなら人事目線を熟知したプロのキャリアアドバイザーに、話し方に関するアドバイスをもらえます。

さらに、志望動機や退職理由、自己PRに対してもアドバイスをくれるので徹底的に面接対策ができます。

※転職エージェント一例
  • 第二新卒エージェントneo:優良企業だけを紹介してもらえる第二新卒専門エージェント。対応が親身なのが特徴。
  • [st_af id="5170"]:大手マイナビの20代向け転職エージェント。
  • [st_af id="5291"]:約4万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。サポートの質が高いことで定評がある。

※転職エージェントまとめ

https://www.kimusawa.com/post-1036/