面接対策を重点的にしたい第二新卒におすすめの転職エージェント3社

面接を受ける会社員
「面接でどんなことをアピールすればいいのか分からない」
「短期で退職した理由をどう説明すればいいのか分からない」

第二新卒であれば転職活動を経験するのは初めてであり、面接に関して分からないことが多いと思います。

特に、スキルや経験が乏しい第二新卒は一般的な面接対策とは別の対策を練る必要があるので、必ず転職エージェントを利用して、プロのキャリアアドバイザーに面接のアドバイスをもらうべきです。

そこでこのページでは、面接対策を重点的に行える第二新卒向け転職エージェントを3社紹介します。

スポンサーリンク

第二新卒はエージェントを使って面接対策をするべき

一般的な中途採用で面接官が重視すること
⇒即戦力になるかどうか

第二新卒採用で面接官が重視すること
⇒将来的に活躍してくれるかどうか
⇒すぐに辞めないかどうか

上記のように、一般的な中途採用と第二新卒では、アピールするべきことに違いがあります。そのため第二新卒が面接を突破するためには、特殊な面接対策をする必要があります。

転職エージェントを利用すれば、第二新卒の転職を熟知しているプロが面接を通過するためのポイントを的確に教えてくれます。

面接が苦手な方はもちろんのこと、面接に慣れている方も、一度は転職エージェントで面接のアドバイスをもらいましょう。

面接対策におすすめの転職エージェント3社

ウズキャリ第二新卒

  • 対象地域:首都圏
  • 面談場所:東京(新宿)

「ウズキャリ第二新卒」は第二新卒専門の転職エージェントで、第二新卒を熟知したプロのアドバイザーが転職活動をマンツーマンでサポートしてくれます。

特に力を入れているのが面接対策です。

転職本に書いてあるようなザックリとした面接アドバイスではなく、面接を受ける企業ごとに、業界・職種・企業の特徴を加味し、「何を重点的にアピールするべきか?」「どんなことを聞かれるのか?」をアドバイスしてくれます。

また、面接でしっかり自分をアピールできるように時間を惜しまず何度も面接練習をしてくれるので、「話すのが苦手」という方でもトーク力を上達させ、面接に臨むことができます。

このように「ウズキャリ第二新卒」は面接対策が非常に充実しているので、面接対策をするなら一番おすすめです。

サイト:ウズキャリ

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントNEO

  • 対象地域:主に首都圏
  • 面談場所:東京(新宿)

「第二新卒エージェントNEO」は第二新卒専門の転職エージェントであり、第二新卒を熟知したキャリアアドバイザーによるマンツーマンの転職サポートや第二新卒が入社しやすい企業を紹介してもらえます。

平均10時間もの転職サポートは、他の転職エージェントと比べて圧倒的です。

面接対策では、面接前のアドバイスだけでなく、面接後のフィードバックをしっかりともらえます。

例えば、「なぜ不採用になったのか?」という応募者が最も知りたい情報も、キャリアアドバイザーが採用側から聞き出してくれます。

「第二新卒エージェントNEO」を利用すれば、不採用の理由が分からなくてモヤモヤすることはありません。

「何が悪くて不採用になったのか?」を把握した上で、次の面接の対策を練ることができるので、面接を重ねるごとに、着実に面接を上達させることができるのです。

マイナビジョブ20’s

  • 対象地域:全国
  • 面談場所:東京(新宿)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)

「マイナビジョブ20’s」は、大手マイナビが運営する第二新卒向けの転職エージェントです。マイナビネットワークの生かした豊富な求人と、第二新卒の転職に精通したプロのキャリアアドバイザーによるマンツーマンサポートが特徴です。

面接対策にも力を入れており、「20代の強み最大限生かすためにはどんなことをアピールすればいいのか?」ということを重点的に教えてくれます。

また、応募する企業に合わせて面接のポイントを教えてくれたり、面接のマナー・面接での話し方を教えてくれたりと、充実した面接サポートを受けられます。

※転職エージェントをうまく活用する方法は以下のページで解説しています。転職エージェントの登録後にご一読いただければと思います。

転職エージェントをうまく活用するための心掛けたい6つのこと
転職エージェントはあなたの転職活動を任せることになる大切なパートナーです。いい仕事をしてもらえれば、それだけあなたの転職活動もうまくいきます。 ではいったいどうすればキャリアアド...
転職エージェントは掛け持ちしてもいいのか?掛け持ちするメリットと注意点
転職エージェントは掛け持ちして大丈夫なのか?」 結論から言えば、転職エージェントは2社、3社掛け持ちしても問題ありません。 むしろ積極的に掛け持ちするべきです。 転職...
タイトルとURLをコピーしました