面接で問われている“コミュニケーション力”とはどんな能力?


転職ノウハウ本などでは、「企業はコミュニケーション力のある人を求めている」と紹介されています。

しかしこの“コミュニケーション力”とはいったいどんな能力なのか?
どのようにアピールすればいいのか?
企業はどんなポイントからコミュニケーション力を判断するのか?

など分からないこと多いと思います。

そこでここでは、面接で問われるコミュニケーション力・企業求めるコミュニケーション力・とは何かを解説します。

コミュニケーション力とは質問に対して的確に回答する能力

面接で求められるコミュニケーション力とは、面接官の質問に対して的確かつ簡潔に回答する能力です。

よくコミュニケーション力を、交渉力や説得力、人を笑わせる力などと勘違いしている人がいます。しかしそんなことはどうでもよく、企業が求めているのは質問に対して的確かつ簡潔に回答する能力を持った人です。

例えば、「職務経歴を教えください」と聞かれた時、職務経歴だけでなく、実績や苦労話、退職理由や仕事に対する想いなどを語ってしまう人がいます。

面接官が聞いたのは、職務経歴だけです。職務経歴を簡潔に回答するべき場面です。

このように話したいことを思い切り話して「今回の面接は話したいことを全部話せたし、手応えばっちりだ」と満足して帰ったいく人は「コミュニケーション力がない」とみなされてしまいます。

面接は、プレゼン、試験、スピーチではなくコミュニケーションの場です。1人で勝手にしゃべり続けるのはコミュニケーションではありません。

そしてコミュニケーションができないとみなされた人は即不採用です。

例えば、時間が限られた会議の場で、「あのお客様とはどうなっている?」という質問に対して、仕事の進捗だけを簡潔に答えるべきなのに「先日はこんな話をして……」と余計なことまでダラダラ話す人とは、一緒に仕事をしたいと思いませんよね。

面接で自分勝手に話してしまうと、そういった仕事での場面もイメージさせてしまうので、即不採用となるのです。

面接でするべきことはたった一つ、

「聞かれたことに対して的確に回答すること」

です。

これさえできれば、コミュニケーション力は合格です。

またコミュニケーション力がある人は「できる人」に見えるので、業務経験やスキル、実績が少しくらい劣っていても、カバーできるでしょう。