企業が応募者に求める「コミュニケーション力」とは何か? 具体的にどんな能力なのか?

「企業はコミュニケーション力のある人を求めている」などと言われることがありますが、コミュニケーション力とは具体的にどんな能力のことを指すのでしょうか?

答えは簡単です。

企業が求めているコミュニケーション力とは、「聞かれたことに対して的確に回答する能力」のことです。

コミュニケーション力とは、質問に対して的確に回答する能力

コミュニケーション力。

それは面接官の質問に対して的確かつ簡潔に回答する能力です。

よくコミュニケーション力を、「交渉力」や「説得力」「人を笑わせる力」などと勘違いしている人がいます。

もちろんそれらの能力も、広義にはコミュニケーション力といえるでしょう。

しかし、企業が求めているのは、そんな能力ではありません。

必要なのは、「職務経歴を教えください」と聞かれた時、職務経歴を簡潔に話す能力。

つまり、相手が求めている回答を簡潔に話せる、そんなコミュニケーション力を企業は求めているのです。

話したいことを思い切り話して「今回の面接は話したいことを全部話せたし、手応えばっちりだ」と満足して帰っていく人は「コミュニケーション力がない」とみなされてしまいます。

面接はプレゼンではなくコミュニケーションの場である

面接はプレゼンや演説ではありません。面接官と応募者がお互いをたしかめるコミュニケーションの場です。

それを理解せず、1人で勝手にしゃべり続けるのはコミュニケーションではありません。

相手の反応を見れない、自己中心的でコミュニケーション力だけでなく、マナーも人間力もない人です。そんな人は当然、不採用になります。

面接でするべきことはたった一つです。

「聞かれたことに対して的確に回答すること」です。

これさえできれば、コミュニケーション力は合格です。

そしてコミュニケーション力がある人は「できる人」に見えるので、業務経験やスキル、実績が少しくらい劣っていても、カバーできるでしょう。