やりたい仕事探し

企画・マーケティング職種への転職は具体的な理由がないと失敗する

更新日:

企画・マーケティングへの転職
広報や企画、マーケティングといった職種は確かに経営に近い部分であり、華やかで楽しそうなイメージがあります。

しかし、「華やかだから」「経営に近い仕事ができる」といった理由だけでそういった職種への転職を考えているとしたら、その転職は失敗する可能性があります。

なぜ、失敗する可能性があるのか? その理由についてキャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則
こちらの著書より紹介します。

職場の現実を理解できていなと判断される

仕事の裏側
企画や広報、マーケティングをといった職種を目指すのは何も問題ありませんが、しっかりとその職種の現場を理解しているでしょうか?

多くの会社の中で広報という職種に就いている人はごく少数です。

大企業でなければ仕事量はそれほどなく、多くの場合は他の職務と兼務している場合はほとんどです。

社会人経験のない新卒がその前提を知らないのならまだ許されるかもしれませんが、社会人経験のある転職者であれば別です。

何となく面白そうだから、華やかだから、といった理由でそういった職種に転職しようとすると
「会社の状況を理解できていない」
「現状認識力に問題がある」
と判断されてもおかしくはありません。

現実逃避型人間だと判断される

あこがれているだけ
単に地味な業務をやりたくないのだけではないでしょうか? 華やかな職種に憧れているだけではないでしょうか?

一見華やかに見える業務にも、必ず地味な作業があります。

確かにマーケティングや企画といった職種に就けば戦略立案や対外的な折衝といった大きな業務を経験できるでしょう。

しかしそれを実現させるために社内での調整業務が発生したり、現場の細かい意見をまとめたりといった膨大な量の地味な業務も同時に発生します。

それをしっかりと受け止めた上で広報、企画、マーケティングを目指すなら何も問題ありません。

しかしそうでない場合、採用の場で「現実を理解しようとしていないで現実逃避をしようとしている人」と思われる可能性があります。

今の地味な業務をやらずに済むから希望しているのではないか。目立ちたいだけではないか。

このような動機を推測される可能性があるのです。

業務経験がない人は雇わない

仕事しながら転職活動
第二新卒歓迎や未経験歓迎といったポテンシャル採用で受けるなら別です。

しかし企業がある程度即戦力となる人材を募集することを目的としている場合、業務未経験の人を採用したいとは思いません。

採用担当者からすれば、これまで営業やカスタマーサポートしかしたことがない人材を採用したいと思うでしょうか。

これまで全く別の業務を経験してきた人なんてよっぽどの理由がなければ採用しません。

もし、未経験なら現在の会社で経験を積んで実績を積んで、経営の近い業務に携わるチャンスを待つ方がまだ可能性があるでしょう。

抽象的なイメージだけで転職するべきではない

実績は必要ない
転職において、企画や広報、マーケティングといった職種を希望する場合、それらの職種の本当の姿を理解した上で考えるようにしましょう。

曖昧な理由、例えば華やかだから、経営に近いから、といった曖昧で抽象的な理由から転職をすると失敗する可能性があります。

なぜその職種を希望するのか?
なぜその職種ではないといけないのか?

といったことを論理立てて説明できないのなら、今の会社で経験と実績を積んでチャンスを待つことを考慮してみてください。

転職の疑問、不安は転職エージェントで解決できる

転職エージェントを利用すると、各業界・職種の事情を知り尽くしたプロのキャリアアドバイザーが転職についてアドバイスをくれます。

企画・マーケティング職に転職するためにはどうすればいいのか?
そもそも企画・マーケティングに転職することは可能なのか?

これらの疑問をプロが解決してくれます。そのほか、向いている仕事を教えてくれたり、面接のアドバイスをくれたりた様々なサポートを受けることができます。

転職に疑問や不安がある方は、転職エージェントを利用しましょう。

※転職エージェントまとめ

最低1つは登録!第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つ

第二新卒として転職活動をし、満足いく形で終わらせたいなら、最低1つは転職エージェントを利用するべきです。 なぜなら、自力で転職活動を進めるよりも、転職エージェントを使ってプロのサポートを受けた方が断然 ...

続きを見る

転職エージェント
【全15社】第二新卒が利用できる転職エージェントまとめ

面接のアドバイスや職務経歴書の添削、適職アドバイスなど、転職エージェントは転職成功に役立つサポートをすべて受けられるサービスなので、最低でも1つは利用するべきです。 ただし、転職エージェントは各社様々 ...

続きを見る

人気のまとめ記事

1

第二新卒として転職活動をし、満足いく形で終わらせたいなら、最低1つは転職エージェントを利用するべきです。 なぜなら、自力で転職活動を進めるよりも、転職エージェントを使ってプロのサポートを受けた方が断然 ...

面接を受ける会社員 2

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のために、ここでは以下の2つの特徴を持つ転職 ...

転職エージェント 3

面接のアドバイスや職務経歴書の添削、適職アドバイスなど、転職エージェントは転職成功に役立つサポートをすべて受けられるサービスなので、最低でも1つは利用するべきです。 ただし、転職エージェントは各社様々 ...

第二新卒の転職に役立つ本 4

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-やりたい仕事探し
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.