「頑張ります!」面接でやる気をアピールする時の注意点

「頑張ります」とアピールする

スキルや業務経験、実績が乏しい第二新卒の場合、「頑張ります!」といった、やる気をアピールする必要があります。しかしここで注意しなければいけないのは、何でもかんでも「頑張ります!」という回答で終わらせないことです。

「何をどう頑張るのか?」具体的なプランも一緒に述べるが大切です。

何をどう頑張るのか? 具体的なプランも述べる

具体的なプランを説明する
「頑張る!」と言っても、何をどう頑張るのか、具体的なプランがなければビジネス上は何の意味もありません。

面接官に「頑張るのは当たり前ですよ」と返されてしまうだけです。第二新卒に対して、企業側は事務能力をそれほど期待していません。それよりも「入社後どれぐらい成長してくれるか」、つまりポテンシャルを期待しています。

しかし「頑張ります!」だけで終わらせてしまえば、面接官はポテンシャルを感じ取ることはできません。それどころか「何も考えていない頭の悪い人」という印象を与えてしまうだけです。

「頑張ります!」という言葉を使うときは、何をどう頑張るのか、自分の中でイメージした上で、具体的なプランも述べましょう。

例えば、

「入社まで、30日あります。それまで業界、業務について勉強し、1日でも早く戦力になれるように頑張ります」

といったような回答をすることが大切です。

とにかく入社するまでが勝負です。それまでに自分に足りない部分をどう補っていくのか、しっかり考えておくようにしましょう。

面接で失敗しないための対策をする方法とは?

面接で失敗しないためには、面接対策を徹底的に行うことが何より重要です。そのためには、転職エージェントを利用してプロのキャリアアドバイザーの面接対策を受けるのがおすすめです。

キャリアアドバイザーは転職市場に精通し、企業の人事を熟知した、いわば転職のプロのです。転職エージェントを利用すると、そのプロから退職理由や志望動機、自己PRに関する具体的なアドバイスをもらえるのです。

また、応募する企業によっては面接で聞かれる質問を教えてくれたり、面接官が注目しているポイント、効果的な自己PRの仕方を教えてくれる場合もあるので、かなり精度の高い面接対策が行えます。

※転職エージェント一例

※転職エージェントまとめ

第二新卒専門の転職エージェントおすすめ5社|第二新卒が使える総合エージェントも併せて解説
ここでは第二新卒の転職支援を専門とする転職エージェントのなかから、おすすめを5つ紹介します。紹介する転職エージェントは未経験の方でも利用可能です。また首都圏だけでなく、大阪、名古屋でも利用できる転職エージェントを厳選しているのでご覧いただければと思います。