「3年我慢したら仕事は楽しくなるのか? 」を確かめる簡単な方法2つ

疑問を抱えるビジネスパーソン
3年我慢すれば仕事は楽しくなるか?
それともつまらないままなのか?

今の仕事が楽しくない人にとって、これは死活問題です。

3年後もつまらないことがわかれば、転職してはやめの軌道修正ができます。

ではどうすれば、3年後の自分の姿がわかるのか?

手っ取り早い方法は、「先輩社員がどんな仕事をしているかを観察する」ことです。

方法1:先輩社員がどんな仕事をしているかを観察する

先輩社員はその会社での、あなたの未来の姿です。

先輩社員を観察してみましょう。

たとえば3年目の先輩社員が今やっている仕事は、あなたが3年後そのままやることになる仕事です。

その仕事は楽しそうか、やりがいを持って取り組める仕事なのかを考えてみましょう。

自分と価値観が近い先輩を観察する

一部の特殊な社員だけを観察しても意味がありません。

その特殊な社員は、血のにじむような努力をして、上司や取引先に、必死に頭を下げて獲得したポジションで仕事をしている場合もあります。

そんな特殊な社員を観察してもまったく参考になりません。もちろん同じ努力をする覚悟があるならいいですが。

目的はあなたの今の会社での3年後の姿を想像することです。

特殊な社員だけを観察するのではなく、仕事に対するモチベーションや価値観が似ている先輩社員を観察するようにしましょう。

「あんな仕事は絶対にしたくない」と思うなら今の会社にいる意味はない

観察した結果、「あんな仕事は絶対にしたくない」と思うような仕事を先輩がやっているのであれば、今の会社にいる意味はありません。

先輩の姿があなたの未来です。

もちろん転勤や異動、買収など何があるかわからないので確実なことは言えません。

それでもかなり高い確率で、その会社での3年後の仕事はつまらないということになります。

転職するかどうか、かなり有力な判断材料になるのではないでしょうか。

方法2:希望が通る会社か確かめる

3年後、今の会社で経験や実績を積んだ時、やりたい仕事ができる部署に異動できるのであれば、その会社にいる意味はあります。

今の会社は、希望を出せばやりたい仕事・部署に異動できるのか、それとも希望が通らない会社なのか確認しましょう。

先輩社員や上司に聞けばそれとなく教えてくれるはずです。

異動などの希望が通った実例が過去にあるなら、やりたい仕事に就けるチャンスがあります。

我慢して今の仕事を続ける意味も出てきます。

逆に、異動の希望が通った実例がないのであれば、今の会社にいる意味はありません。

やりたい仕事に就けるかどうかわからないのであれば、どれだけ今の会社で経験・実績を積んでも意味がありません。

終わりに:つまらない仕事・会社を続けるのは時間のムダ

3年我慢しても仕事を面白くなりそうにない。
希望が通る会社でもない。

このことがわかったのなら、今の会社にいる意味は1つもありません。

大切な時間が刻一刻と消耗されていくだけなので、やりたい仕事ができる会社に手っ取り早く転職することをおすすめします。

つまらない・つらい仕事、合わない会社を続けるのは時間のムダ。

1秒でも早く転職して、新しい会社・新しい仕事でキャリアをスタートさせるべきです。

※参考
https://www.kimusawa.com/post-2221/

転職すべきか悩んでいるなら転職エージェントに相談してみる

3年未満、転職すべきか悩んでいる。
本当して後悔しないか不安。

このような不安や悩みがあるなら、一度転職エージェントに相談すべきです。

転職エージェントを利用すると、転職市場や3年未満の場合の転職活動に詳しいプロのキャリアアドバイザーに相談することができます。

転職するべきか、今の会社を続けるべきか、その答えをくれるはずです。

※転職エージェント一例

※転職エージェントまとめ

【第二新卒専門の転職エージェント限定】おすすめのエージェント5つ
【第二新卒専門エージェント限定】ここでは数ある転職エージェントのなかから、第二新卒専門の転職エージェントだけを紹介します。誰でも使えるような大手のエージェントは除外しているので、このページを読めば本当に第二新卒が使うべきエージェントがわかります。