オススメ本 自己分析

やりがいのある仕事ではなく“やりたくない”仕事を明確にするべき

更新日:

0480739d65f7b4c9276df859b8a0d483_s
どうせ仕事をするのならやりがいを感じられる仕事に就き、毎日活き活きと働ける方が幸せであることは間違いありません。

しかし“やりがい”という掴めそうで、掴めないふわっとしたものを探し求める転職は失敗する可能性があります。

それよりも“やりたくないこと”を突きつめましょう。

漠然としていて不明瞭な“やりがい”

漠然としてやりがい
自分にとってやりがいのある仕事とはどんなものでしょう。自分自身が輝くとは、自分らしさを発揮できる天職とはいったいどんな仕事なのでしょうか?

具体的な条件や数値を挙げて、やりがいのある仕事とは何かを答えられる人はほとんどいないと思います。

明確でないものは探せない

ゴールが明確でない状態では、何をすればいいのか、どんな努力をしたらいいのかが具体的になりません。

見えないゴールを探して、「ここならやりがいを感じられるはず」と転職をしてもうまくいかないでしょう。

会社はやりがいを与えるために動いているわけではない

会社

先日、上記の本を読んだのですが、その中でイチロー教授(小林一郎とは、国際ソーシャルエコノミスト、青山学院大学特任教授。)はこのように言っています。

会社にやり甲斐なんてものが落ちているわけがない。なぜかというと、そもそも会社はそんな理屈で動いていませんから。従業員にやり甲斐を与えるための会社ってのはないんです。経営者は誰もそんな理屈を慮(おもんばか)って経営をしていないでしょ。

会社の目的は1円でも多く利益を出すこと

会社は営利のために動いています。お金を稼ぎ存続していくために動いているのです。

その目的を果たすために従業員が必要になります。また、数か月働いて去ってしまうのでは意味がありません。知識やスキルを習得してもらい、会社の売り上げに貢献してもらうために長期的に働いてもらわなければいけ会社は存続することはできないです。

どれだけ企業の設備がよくても、福利厚生が良くてもそれは従業員のためではありません。社員のモチベーションを上げて、会社の売り上げに貢献してもらうための手段でしかないのです。

これからどう働くべきなのか?

そんな会社の実態を踏まえて上でイチロー教授は今の若者たちに向けてメッセージを送っています。

だから、これから会社に入ろうとする若者なんかには、そういう会社の実態、ありよう、現実そのものの姿というものに気がついてほしいと思うんですよ。

<中略>

知ったうえで働くのと、知らないまま気がつかないままで働くのとでは、天地の差があるから……。

「会社は決して従業員のためにあるわけではない」この事実を頭の中に入れておくだけでも会社の選び方や今の会社での働き方が変わってくるでしょう。

やりがいを探すより“やりたくないこと”を突きつめる

MIYAKO85_kurimaoohashi20140726500 (1)
“やりがい”を求めた仕事探しを否定するつもりはありません。しかし転職で後悔したくないのであれば“やりがい”という言葉を頭の中から消しましょう。

そしてやりたくないことを突きつめ、それをしないで生きていける仕事とは何かを突きつめるのです。

嫌いなことは明確

嫌いな仕事、やりたくない仕事、一緒に働きたくない人、嫌いな雰囲気。これらは突きつめれば明確になります。

不明瞭な“やりがい”を探すよりも、明確である“やりたくないこと”をしないで済む仕事を探す方が後悔もないはずです。

やりがいを求めて転職活動してる方は是非、一度、やりたくないことも突きつめて考えてみてください。

人気のまとめ記事

1

第二新卒として転職活動をし、満足いく形で終わらせたいなら、最低1つは転職エージェントを利用するべきです。 なぜなら、自力で転職活動を進めるよりも、転職エージェントを使ってプロのサポートを受けた方が断然 ...

面接を受ける会社員 2

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のために、ここでは以下の2つの特徴を持つ転職 ...

転職エージェント 3

面接のアドバイスや職務経歴書の添削、適職アドバイスなど、転職エージェントは転職成功に役立つサポートをすべて受けられるサービスなので、最低でも1つは利用するべきです。 ただし、転職エージェントは各社様々 ...

第二新卒の転職に役立つ本 4

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-オススメ本, 自己分析
-,

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.