内定をもらったら

転職先でいち早く馴染むために入社後に心がけるべき3つこと

更新日:

新しい会社で働き始める
転職先が決まったらそこからが本番です。

「良い人が入社した」と周囲の社員に思ってもらえるように頑張らないといけません。

新しい会社に入社に少しでも早く馴染むためには、まずは3つのことを心掛けましょう。

  • 最初の仕事で結果を出すことを心掛ける
  • 人より早く出社してやる気を見せる
  • 報告・連絡・相談を通じて社員とコミュニケーションを取る

最初の仕事で結果を出すことを心掛ける

最初の仕事で結果を出すことを心掛ける
中途採用の場合、会社側は即戦力を期待しています。スキルや経験が浅い第二新卒であれば、それほどシビアに戦力を期待されていないかもしれません。

しかし、それに甘んじてはいけません。

最初の仕事への取り組み方、出来次第で、あなたに対する印象が大きく左右されます。最初の仕事でもたついていたり、トラブルなどを起こしたりすれば、その後の評価も決まってしまいます。

初めての仕事なので、分からないことだらけで、ミスをすることもあるかもしれませんが、一日でも早く戦力になれるように精進しなければいけません。

また、そういった姿勢を見せることが大切です。

人より早く出社してやる気を見せる

人より早く出社してやる気を見せる
やる気をアピールするためにも、人より早く出社してしっかりと働くことが大切です。

特に未経験者として採用されたのであれば、早く仕事を覚えるためにも早く出社するべきです。またそういった姿勢を見せることも大切です。

遅刻はもちろん論外ですが、間に合っているからといって、ギリギリに行くのもあまりおすすめできません。

最初のうちは、雑務的仕事ばかりで、あまりモチベーションが上がらないかもしれません。しかし、企業側が採用した理由を納得してもらえるよう、まずは目の前の仕事に集中して、業務を1つずつ確実にこなしていくようにしましょう。

報告・連絡・相談を通じて社員とコミュニケーションを取る

報告・連絡・相談を通じて社員とコミュニケーションを取る
転職先に限らず、仕事において、報告・連絡・相談は大切とされています。

中途採用の場合は、会社に早く溶け込むことが大切です。孤立し、浮いた存在になってしまうと、仕事もやりにくくなってしまいます。

そうならないためにも、報告・連絡・相談は特に大切なのです。

例えば、報告・連絡・相談を通じて、色々な社員とコミュニケーションを取ることで、部署のキーマンは誰なのか、仕事を教えてくれる先輩は社内でどのような立ち位置なのか、といったことを把握できます。

またトラブルが起きた時は誰に相談すればいいのか、仕事上で分からないことは誰に相談すればいいのか、といったことが分かるようになり、仕事の効率的に進められるようになります。

さらに、その会社で常識となっていることや、社内ルール、会社方言なども見えてくるので、最初は積極的に社員とコミュニケーションをとるようにしましょう。

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

面接を受ける会社員 2

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のために、ここでは以下の2つの特徴を持つ転職 ...

転職エージェント 3

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 4

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-内定をもらったら
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.