転職の心構え

求人が多い時期・ライバルが少ない時期は何月? 転職活動にベストは時期とは?

更新日:

転職活動はいつ始める?
「転職活動を始めるベストは時期はいつか?」という疑問をお持ちの方もいると思います。

どうせ転職活動を始めるのであれば、求人が多い時期やライバルが少ない時期などを選びたいものです。

そこでこのページでは、「求人が多い時期」と「ライバルが少ない時期」は何月なのかを紹介します。

それれらを踏まえて上で、「転職活動を始めるベストは時期はいつなのか?」について解説します。

求人が多い時期は【1月~3月】と【5月~7月】

求人が多い時期は?

新年度に向けた採用活動が活発になる【1月~3月】

1月~3月は中途採用市場が非常に活性化する時期です。4月の新年度の体制を整えるために多くの企業が採用活動を始めるため求人が増えます。

また、この時期は「未経験者歓迎」や「第二新卒歓迎」の求人が比較的多くなる時期でもあります。というのも、4月に新卒と同時に入社し、新卒と一緒に新入社員導入研修を行えるというメリットがあるからです。

1月~3月は採用基準が緩い場合も

その年度の採用予定人数が充足しない場合、「採用予算を使いきりたい」という企業も多くあります。

そういった企業では、新年度までに採用計画を達せさせるため「手っ取り早く人を採用してしまおう」となり、選考基準を緩和する場合があります。

もちろんすべての企業がそうであるとは限りませんが、「1月~3月は選考に通過しやすい場合がある」のです。

1月~3月は4月入社できるため同期が多くなる

1月~3月に転職活動を始めると、4月1日が入社日になる場合がほとんどです。

他の応募者も同じ日に入社することになるので、採用人数が複数名の場合、同期が多くなる可能性があるのです。

【5月~7月】は新年度の事業計画のために採用が活発化

5月~7月は、新年度の事業計画が固まり、それにもとづく採用計画が動き出す時期であるため、中途採用が活発化します。求人数が増加する時期です。

ただし、5月~7月の採用活動は採用予定数が埋まり次第、募集が打ち切られます。また、採用活動を始めた初期に採用された人が基準となるため、採用予定人数が埋まるにつれて、選考が厳しくなる場合もあります。

5月~7月を狙って転職活動を始めるのであれば、早くて4月下旬、遅くてもゴールデンウイーク明けぐらいには始め、なるべく早めに応募する企業を決めましょう。

特に第二新卒であれば、採用枠がたくさん残っている時に選考を受けて受けたいものです。残りの採用枠を知ることはできませんが、とにかく早く動くこと大切です。

ライバルが少ないのは【4月・8月・12月】

ライバルが少ない時期
4月は年度初めであり、何かと落ち着かない時期です。

8月は夏休み、12月は年末休みがあります。

そのため、4月、8月、12月は、転職活動をする人が少ない時期、つまり、ライバルが少ない時期なのです。

転職市場は年中無休で動いています。時期による求人数の増減はありますが、転職サイトを開けば必ず求人が掲載されています。

自身も年度初めや長期休みがあり、忙しい時期ではありますが、忙しい合間を縫って転職活動を進める価値は大いにあります。

年末年始・ゴールデンウイーク・お盆休みの連休明けはライバルが多い場合も

逆に年末年始・ゴールデンウイーク・お盆休みなどの連休明けはライバルが多くなります。

連休中に転職についてじっくり考え、情報収集をしてから本格的に転職活動を始める人が増えるからです。

ライバルが少ない環境で転職活動を進めたいのであれば、連休が明ける前にしっかり転職活動を進めるようにしましょう。

転職活動はいつ始めるのがベストなのか?

転職活動はいつがベスト?
求人が多い時期に転職活動を始めるべきか?
ライバルが少ない時期に転職活動を始めるべきか?

迷う方もいると思います。

結論を言うのであれば、転職活動は自分のタイミングが良い時に始めるのがベストです。

こういってしまうと元も子もないかもしれませが、現在の仕事の状況や退職に適した時期などは人それぞれです。

ここまで解説した「求人が多い時期」と「ライバルが少ない時期」が絶対とは限りません。求人の増減などは、景気や社会情勢、法制度の改正などの影響を受けることがありますし、業界や職種によって採用活動が活発になる時期が若干異なる場合もあります。

また、今の仕事が嫌で嫌でどうしよもなく「今すぐにでも辞めたい」という状況であるならば、無理に求人が多い時期などを待つ必要はありません。

すぐに転職活動を始め、一日でも早く、生き生きと働ける職場で仕事を始めるべきです。

転職活動は「求人が多い時期」や「ライバルが少ない時期」を考慮しつつ、自分のタイミングが良いときに始めるようにしましょう。

転職エージェントを使えば、無料でプロから転職アドバイスをもらえる

「今、転職活動を初めたら希望の求人はあるのか?」
「本当に転職できるのか?」

このような不安があるなら転職エージェントを利用し、プロのキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

転職活動を熟知し、これまで多くの求職者の転職をサポートをしてきたキャリアアドバイザーであれば、今が、転職に適した時期なのかどうかを回答してくれます。

また、今、転職活動を始めた場合、どんな求人があるのかも教えてくれます。

特に、第二新卒専門の転職エージェントである【第二新卒AGENTneo】は、転職に関する様々な情報を教えてもらえる質の高いエージェントです。

転職エージェントは無料で利用でき、相談だけでも大丈夫です。転職しようか迷うなら、まずは相談してみましょう。

※転職エージェントまとめ

【厳選!】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つを紹介

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

続きを見る

転職エージェント
【全13社】転職エージェント一覧まとめ紹介!

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

続きを見る

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

面接を受ける会社員 2

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のために、ここでは以下の2つの特徴を持つ転職 ...

転職エージェント 3

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 4

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-転職の心構え
-,

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.