生き方

社会人でも親のスネをかじっていい!自己実現のための実家暮らし

更新日:

OZP_sorawomiagerusagyou1188500
親が顕在で実家があるのなら社会人になっても親のすねをかじって暮らすほう断然、経済的です。

特別な理由がないのなら無理して一人暮らしなんてする必要はありません。親のすねをかじることをおすすめしたいです。

仕事がなくなった時のために、貯金や自己投資ができる

どんな大企業でも潰れる時代です。潰れなかったとしてもいつ首を切られるかわかりません。また一生食べていくためにあると便利なスキルや能力、資格に関しては時代によって異なります。人によって色々な意見があり、何を身につければ一生食べていける、というものは存在しないといえるほです。

それだったら家賃など払わずに、浮いたお金をもしも時のために貯金したり、自己投資したりした方が合理的です。

「いい年して実家暮らしなんてみっともない」という周りの意見・世間体なんて気にする必要はありません。先を見通して合理的にいける人が本当に賢い人です。

夢、目標があるなら親のすねをかじるべき!

何か成し遂げたいことがあってそのためにお金や時間が必要という状況で、実家が暮らすことができるのなら無理に一人暮らしする必要なんて全くありません。

家賃や光熱費を稼ぐために時間が奪われ自分の夢・目標のために時間を割けなくなり歳をとってしまうのなら、早いうちからお金のかからない実家で親のすねをかじりながら過ごしていくのもいいでしょう。

夢・目標を早いうちに叶えるのなら実家で親のすねをかじる生活を選択するべきです。

親に甘えたっていい!周りの意見は気にしなくていい!

親のすねをかじっていることに対して「いつまで親に甘えているのんだ」という人がいるかもしれません。

しかし、自分のために今ある環境を最大限に活用するのは何も悪いことではないと思います。

実家にいることによって親が迷惑しているのなら話は別です。自分を育ててくれた親に迷惑をかけてまで自分の都合を優先するのは賛成できません。

しかし特に迷惑していないのなら、実家で暮らすことに対しての批判は気にする必要はないでしょう。

最後に笑えればいい!

現状がどうであれ、今ある環境を最大限に活用して、使える時間とお金を自分の将来のために投資して、将来的に自分にとっての成功をつかめばいいのです。

世間体を気にして自分のやりたいことに時間とお金を使えないのはかなりもったいないことです。

自分の人生の主人公は自分です。

最終的に自分が思い描く幸せな人生をつかめれば良いのです。そこに至るまでの過程なんて気にする必要はありません。(過度に周りに迷惑をかけたり、法律に触れるようなことをするのは例外です)

後悔しないためにも、最後に笑うためにも今をどう生きるかというのはとても大切です。周りの意見に左右される必要なんてありません。

一人で生きていくための準備は必要

いつまでも親がいるわけではありませんから、いつからは自分一人で暮らさなければいけなくなる時がくるでしょう。実家で暮らしで親のすねをかじるのなら、いつでも一人になっていいように準備はしておくべきです。

実家にいる時から自分の生活コストを把握しておく

毎月いくら稼げれば自分は生きていくことができるのか、といったことをある程度把握してく必要があるでしょう。

急に一人で暮らすことになってもどのぐらいの家賃の家に住めばいいのかがそれなりに把握できます。

家事については気にしなくていい

自炊、掃除、洗濯など家事を急にやらなければいけなくなるのは大変かもしれません。しかし、それほど難易度の高いものではありませんから1か月もあればできるようになります。

それに今はネットでちょっと調べれば何でもできます。心配する必要なんてないのです。

心配なこととしては実家暮らしだと異性からの印象があまり良くないことかもしれません。

実家があるのなら実家へ!

実家があるのなら実家で暮らすことをおすすめします。もちろん何らかの理由があって実家暮らしができない、親と暮らしたくない、と言うのなら話は別です。

しかし、特に理由もなく、親の何とも言わないのなら実家で暮らして、浮いたお金を自己に投資するべきです。

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

面接を受ける会社員 2

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のために、ここでは以下の2つの特徴を持つ転職 ...

転職エージェント 3

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 4

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-生き方
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.