履歴書・職務経歴書の書き方

なぜ職務経歴書を書く時に企業が求める人物像を把握するのが大切なのか?

更新日:

職務経歴書
今まで経験してきた業務、実績をただ羅列しただけの職務経歴書を書いていませんか?

もしくは、見やすいのが一番だ、と思って、単に見やすいだけの職務経歴書を書いていませんか?

確かに、職務経歴をしっかり羅列することも、見やすいようにレイアウトを工夫することも大切です。

しかし、何よりも大切なことは、採用側に、「採用したい!」と思わせることです。

そのためには、企業が求める人物像を把握し、それに合致した人物であることをアピールしなければいけません。

職務経歴書は企業が求める人物像を把握してから作成する

アピールするべきこと
職務経歴書に限った話しではありませんが、内定をもらうためには、相手が何を求めているのか、つまり、企業が求める人物像をしっかりと把握しなければいけません。

例えば、採用担当側が営業経験者を求めているのに、事務的なスキルやPCスキルだけが書かれた職務経歴書では、興味を持ってもらえません。この場合、営業経験がなかったとしても営業で生かせそうな経験やスキルがあることを重点的に書き、アピールするべきです。

採用担当者の目に留まる職務経歴書を書くためには、企業がどのような人物を求めているのかを把握し、自分がそれに合致した人物であることをアピールするのが大切です。

企業が求める人物像を把握する方法

求める人物像を把握する
求人広告に「求める人物像」という形で明確に記載されている場合もありますが、そういった記載がない場合は、企業ホームページ、転職サイトを利用して求める人物像を調べましょう。

例えば、企業理念や社長メッセージ、社長のブログ、SNSなども有効です。

情熱、気合いなどの言葉が目立つなら、そのような体育会系の人を求めていると判断できます。

また、社員紹介ページで紹介されている社員は、その企業でもトップクラスに優秀な社員です。つまり、求める人物像をそのまま体現したような社員ということになるのです。

社員紹介ページは求める人物像を知る上でとても参考になるので、必ず目を通しておきたいものです。

エージェントを利用して情報収集を行い、完璧な職務経歴書を作成する

転職エージェントは、企業の人事部など繋がりを持っている場合もあり、求める人物像や企業情報を得るのにとても役立ちます。

過去に、どのような人が採用されたのか、どのような人は不採用になったのかを教えてくれる場合もあり、求人サイトだけで転職活動をするよりも、かなり有利になります。

また、職務経歴書の添削もしてくれるので、自力で職務経歴書を作成するよりも遥かに完成度の高い、職務経歴書を作成できます。

いずれにせよ、企業がどんな人物を求めているのかを把握しなければ、書類選考だけではなく、面接も上手くいきません。

面倒で手間のかかる作業ではありますが、企業の情報収集は時間をかけて行うようにしましょう。

※転職エージェントまとめ

【厳選!】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つを紹介

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

続きを見る

転職エージェント
【全13社】転職エージェント一覧まとめ紹介!

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

続きを見る

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

転職エージェント 2

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 3

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-履歴書・職務経歴書の書き方
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.