転職の心構え

大手企業から大手企業に転職すなら覚悟しておくべき3つのこと

更新日:

覚悟しろ
新卒で大手企業に入社し、「どうも自分の居場所が見つからない」と思い、また大手企業に転職しようとしていませんか。

その転職、少し考え直した方が良いかもしれません。

なぜなら、大手企業から大手企業に転職した人は「他の同僚と比べると、評価されていない」「仕事の領域が狭い」といった理由で、転職を繰り返す人が多いからです。

このような理由で無駄な転職を繰り返さないためにも、大手から大手に転職する場合に覚悟しておくべきことがあります。

大手から大手に転職する場合に覚悟しておくべき3つのこと

大手から大手に転職するなら、地位が下がることを覚悟する

そもそも大手企業は新卒重視であり、基本的に、新卒で採用した社員の中から幹部候補を育てます。

また、ほとんどの大企業は終身雇用制度を採っているので、外部から転職してきた人が、出世コースに乗るのは簡単ではありません。

ただし、第二新卒であれば、新卒と同じように扱われる場合もあります。評価は下がるかもしれませんが、出世コースに乗れる可能性もゼロではありません。

評価が下がることを覚悟する

新卒を大量に採用する大企業が、中途を採用する目的は、いわゆる穴埋めです。

新卒として採用されている同僚と、同等か、それ以下の評価しかされないことが十分にあるのです。

新卒で大企業に入社した人が、大企業に転職するならば、企業内での自分の地位が下がることを覚悟しなければいけません。

仕事の領域は広がらないことを覚悟する

大企業はたくさんの部署があり、業務を部署ごとに細分化しているので、仕事の領域が狭いのは当然のことです。

職務経験の浅い第二新卒であれば、最初は、雑用のような仕事ばかり任される場合もあります。

つまり、転職によって仕事のレベルが下がることも覚悟しなければいけないのです。

大企業出身者の転職市場での弱み

弱み
「大企業出身だから簡単に転職先が見つかるに違いない」
「世間から注目されているに違いない」

このように、大企業出身者は、誰もが欲しがる人材に違いない、と信じて疑わない人がいます。しかし、実際、大企業出身者は転職市場でそれほど有利な存在ではありません。

職務領域が狭い

大企業では、業務が細分化されています。そのため、1年在籍していようが3年在籍していようが、経験した業務は変わらない、ということがあり得ます。

人を採用したい企業としては、職務領域の狭い大企業出身者よりも、色々なことを経験してきた小企業出身者、ベンチャー企業出身者、もしくは大手企業で出身でもスキル・経験が突出した人に目がいくのは当然です。

そのため、大企業出身者は転職で不利になる場合があるのです。

ただし、第二新卒であれば、経験した業務の大小は関係なく、ポテンシャルを重視される場合もあります。職域が狭い場合には、ポテンシャルをアピールできるようにしましょう。

※ポテンシャルアピールする方法
【絶対】第二新卒の転職で失敗しないためにアピールすべき3つのこと

メンタルが弱い

企業名と大企業という組織に守られてきた、人は、常に「こうあるべき」という凝り固まった考えがあり、適応能力が低かったり、メンタルが弱かったりする場合があります。

このような特徴を持った大企業出身者は、転職先の企業で「前の会社とやり方が違う」「何も教えてくれない」と不問を漏らし辞めていくのです。

在籍年数の浅い第二新卒であれば、「前の会社に染まり切っていないから大丈夫だろう」と判断してもらえる可能性が高いです。

しかし、メンタルの弱さ、適応能力の低さを懸念される場合があることを覚悟しておきましょう。

「なぜ大企業なのか?」を考える

第二新卒の転職
大企業から大企業に転職しようと考えている方は、今一度、

「なぜ新卒で大企業に入社したのか?」
「なぜ、大企業に転職しようと思っているのか?」

を考えるようにしましょう。

もし、新卒で大企業に入社した理由が、「大手のブランドが欲しいから」「安定が欲しいから」であり、転職でも「大手のブランドは外せない」「安定も欲し」という理由で、大手企業を志望しているなら、転職なんてする必要はありません。

今の会社でも、大手のブランド、安定性があるのに、時間と体力を使って転職する必要は全くありません。(さらなる企業ブランドを求めるなら別ですが)

また、「職域を広げたい」「雑用のような仕事から解放されたい」「企業から正当に評価されていない」という理由も転職するべきではありません。大企業に転職しても、職域は広がりませんし、また小さな仕事をこなす毎日になるだけです。

色々な仕事を経験したい、大きな仕事を任せてもらいたい、という希望があるなら、社員数十人のベンチャー企業に飛び込んだ方がいいでしょう。入社1年目から様々仕事を経験できます。

転職エージェントを使えばプロのアドバイスがもらえる

転職するべきか確かめる
転職していいものなのか、転職先が見つかるのか、不安があるなら第二新卒の転職支援を専門に行っている転職エージェントに相談してみましょう。

第二新卒の転職事情に精通した、プロのキャリアアドバイザーから無料で、転職にアドバイスをもらえます。

また、実際に転職活動を始める場合、希望に合った企業を紹介してくれたり、職務経歴書の書き方を教えてくれたり、面接のアドバイスをくれたり、充実したサポートを受けられます。

※こちらのページでは転職エージェントを特徴別にまとめています

【厳選!】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つを紹介

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

続きを見る

転職エージェント
【全13社】転職エージェント一覧まとめ紹介!

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

続きを見る

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

面接を受ける会社員 2

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のために、ここでは以下の2つの特徴を持つ転職 ...

転職エージェント 3

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 4

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-転職の心構え
-,

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.