面接

「自己PRをしてください」と面接で質問された時の回答例・回答の注意点

更新日:

面接官が見ているポイント
面接では質疑応答の流れのなかで自己PRを述べていく場合がありますが、単刀直入に「自己PRをしてください」と質問される場合があります。

この質問をされた後は、どんなことを話してもよく、自分ことを思う存分アピールできる時間です。

しかし、前後の回答内容を考えずに何となく用意した自己PRを話してしまっては、せっかくアピールタイムが無駄になってしまいます。

職歴紹介や転職理由など、先に語った内容の繰り返しにならないように注意する

残念なのは、「自己PRをしてください」と質問される前に、職歴や転職理由を語っていた場合、それと同じようなことをもう一度話してしまうケースです。

せっかくもらった時間なのに、また同じことを繰り返し話してしも何の意味もありません。「それ、さっきも話したよね」と、面接官からつっこまれてしまいます。

また面接官は、応募書類や面接での他の質問によって、既に、応募者の情報を得ています。ここでは、まだ伝えていない人間性に関することや、仕事のこだわりや姿勢、応募企業への熱い想いなど、他の魅力を話した方がいいでしょう。

第二新卒であれば、ポテンシャル、熱意、やる気をアピールすると面接官からの評価もぐっと上がるはずです。ここでの回答によって、低調だった評価を逆転することも可能です。

長すぎず、短すぎないように注意する

「1分でお願いします」「3分でお願いします」といったように時間を指定されているならそれを守って自己PRを伝えるべきです。

単に「自己PRをしてください」と言われたのであれば、2分~3分でまとめた方がいいでしょう。逆に、30秒で終わってしまったり、5分も10分もだらだらと話してはいけません。

回答例

華奢な体つきですが、実は心身ともにタフです。

社会人になってから週に2回はジムに通い、時間がある時は、20キロほどランニングをすることもあります。また睡眠時間が3時間程度の日も多いですが、それでも業務に全く支障をきたしていないという自信があります。

元々、どんなに嫌なことがあっても、どんな失敗をしても後に引きずることはありません。切り替えの早さは、他の人に負けない強みの一つです。営業は何かと負担のかかる仕事ですが、これらの強みを生かして、御社での結果を残していきたいです。

転職エージェントを利用してプロに自己PRのアドバイスをもらう

「自己PRでどんなことを話したらいいのか分からない」
「アピールできることがない」
「面接が苦手」

という方は転職エージェントを利用するべきです。転職エージェントは無料で利用でき、しかも第二新卒の転職の事情を熟知したプロのキャリアアドバイザーが一対一であなたの転職活動をサポートしてくれます。

※転職エージェントまとめ

【厳選!】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つを紹介

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

続きを見る

転職エージェント
【全13社】転職エージェント一覧まとめ紹介!

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

続きを見る

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

転職エージェント 2

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 3

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-面接
-,

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.