第二新卒の転職 退職手続き

ブラック企業を辞める時に起こり得るトラブルと辞める時の4つの注意点

更新日:

退職手続きをする
法律を守らない会社、パワハラ上司、セクハラ上司。

異常な労働環境であるブラック企業を辞める時には注意が必要です。なぜならそこで働いている人間が異常であり、簡単には退職させてくれない可能性があるからです。

では、具体的にどんなトラブルが起こり得るのでしょうか。またどんなことに注意すれば波風立せずに退職することができるのでしょうか。

ブラック企業を退職する際、起こり得るトラブル

退職する時のトラブル

  • 転職先企業を言わないと退職を承諾しないと言われ、転職先を正直に伝えたら、その会社に悪評を言われる
  • 「改善してほしいことは改善するから残ってくれ」と言われて会社に残ったが、まったく状況が改善されない。もしくはさらに状況が悪くなった
  • 不満を率直に話したら言い合いになり、転職先に「退職時にトラブルがあった」と言われた

上記3つはブラック企業を退職する時に想定されるトラブルです。

このように退職交渉が上手くいかなかったために、交渉に時間がかかってしまったり、ストレスになってしまったり、転職自体を辞めざるを得ない状況になる場合があります。

ブラック企業を辞める時に注意するべきこと

ブラック企業を辞める時の注意点
退職交渉、転職活動は精神的に疲れるものです。

余計なことに手間と時間を割かないためにも、ここで紹介する「ブラック企業を辞める時に注意するべきこと」を頭に入れておきましょう。

「辞める」と言うまで、転職・退職のことは誰にも話さない

転職活動をしていることや、退職を考えていることを話してしまい、辞める前に退職の噂が社内に広がってしまうのはトラブルの原因となります。

色々と詮索されたり、「情報を軽々しく流す人」という評判を受けてしまい、その後の退職手続きがスムーズにいかなくなる危険性があるのです。

ブラック企業に限ったことではありませんが、転職活動をしていること、退職するつもりであることは、社内の人間には絶対に漏らしてはいけません。例え仲の良い同僚であっても同じです。

巡り巡って上司に耳に入る危険性があります。

退職は直属の上司に「相談」ではなく「報告」する

退職意志を伝えるのは基本的に直属の上司となっています。

また伝える時は、「相談」ではなく「報告」するようにしましょう。「退職したいのですが……」ではなく「退職させていただきます。お世話になりました」と伝えるのです。

「相談」となってしまうと、場合によっては引き止めの材料となってしまい、交渉が長引く可能性があります。「もっと頑張れ」「悪いところがあれば改善するから言ってくれ」なんて言われたら面倒なだけです。

どんな言葉をかけられてもブラック企業はブラック企業です。

何も躊躇する必要はありません。堂々と退職意志を報告しましょう。

労働法や退職に関する知識を身につけておく

万が一「退職は承認しない」と言われても対処できるように、労働法や退職に関する知識をある程度身につけておくことは重要です。

ブラック企業は「退職願を受理しない」「源泉徴収票を発行しない」など様々な手段で退職を妨害してくる可能性があります。

そのような時でも
「退職願が受理されなくても、口頭で意思を伝えてから2週間経過すれば退職できる」
「毎月の給与明細や契約関連の書籍を保管していれば、その後、手続きはできる」
ということを知っていれば、対処することができます。

ブラック企業に基本的な人事機能、経理機能を期待してはいけません。ブラック企業に、良いように使われないように日頃から労働法をある程度、把握しておきましょう。

出社拒否は極力しない

何もかもがイヤになっても、何も言わずに出社しないでバックレたり、退職願を出した次の日から出社しないということは、極力しないようにしましょう。

場合によっては雇用契約違反となって、会社側につけこまれる可能性があります。そうなるとその後の手続きが面倒になりトラブルが発生する場合もあります。

また、それが転職先に伝わって、自分自身に不本意な評判が立ってしまうこともあり得ます。

極力、双方で決めた最終出社日までは、頑張っていくようにしましょう。

転職エージェントを利用するとプロから退職のアドバイスがもらえる

転職エージェントを利用するとプロのアドバイザーから退職交渉に関するアドバイスをもらえます。退職の伝え方や伝える時期、引継ぎの仕方などを教えてくれるので、スムーズに退職交渉を進められます。

利用は無料です。求人紹介や応募書類の添削など、転職先を探すサポートもしてくれるので、転職先が決まっていないならそのまま転職サポートも受けましょう。

※転職エージェントまとめ

【厳選!】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つを紹介

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

続きを見る


転職エージェント
【全13社】転職エージェント一覧まとめ紹介!

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

続きを見る


人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

転職エージェント 2

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 3

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-第二新卒の転職, 退職手続き
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.