転職サイト・エージェントの利用法

初めての転職!エージェントを使う際に注意すべきたった1つのこと

更新日:

エージェントを使う際に注意すべきこと
無料で履歴書や職務経歴書の添削。面接対策など転職エージェントは転職の時にとても心強い存在です。しかし一つだけ注意することがあります。

全てを鵜呑みにしない

全てを鵜呑みにしてはいけない

転職する理由は様々ですが、以前の会社に何かしらの不満がありそれを解消するために転職を決意したはずです。

エージェントは
「この企業なら君に合っている」
「スキルを活かせるはず」
といったように様々な求人を紹介してきます。

転職のスペシャリストであるエージェントに勧められると「エージェントが言うのなら」と希望に合っていない企業にエントリーしてしまう恐れがあります。

しかしその全てが自分の希望に合った企業であるとは限りません。

転職エージェントが自分の希望のすべてを把握してるわけではない

エージェントは相談者の希望を細かいところまで100%熟知しているわけではありません。

業界業種が合っていたとしても待遇が良くなかったり、社風に不安があるということがあるはずです。

エージェントに勧められたからといって、すべてが自分の希望に合っているとは限りません。自分の願望をしっかりと念頭に置きながらどの企業にエントリーするかを決めていきましょう。

エージェントは相談者が転職できないと儲からない

転職エージェントは転職先が決まった場合、転職先の企業から報酬を得ます。つまり相談者が転職してくれないと儲からないのです。

なかなか転職できなければ、内定が出そうな企業を紹介してくるこもあります。

また内定がでて踏みとどまっている時に、承諾するように勧めてくる場合もあります。

それでもエージェントは使うべき!

転職エージェントを使ううえのでの注意点を紹介してきました。エージェントが悪者であるような書き方になってしまいました、エージェントもビジネスです。100%相談者のためを思ってサポートしてくれることなんてあり得ません。

しかし初めての転職ならエージェント絶対に使うべきです。やはり自分の力だけで転職をしようとするとなかなか上手くいかなくて時間だけが過ぎてしまいます。

やはり専門家の力を借りるに越したことありません。せっかく無料なのですから利用できるものは利用しましょう。

決定権は自分にある

エージェントは相談者の転職先を決めるために色々な助言をしてくることがあります。しかし、最終的な決定権を持っているいのは自分です。

「自分がなぜ転職を決意したのか」

これをしっかりと念頭において転職を成功させましょう。

※第二新卒専門転職エージェントまとめ

【厳選!】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つを紹介

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

続きを見る

転職エージェント
【全13社】転職エージェント一覧まとめ紹介!

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

続きを見る

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

面接を受ける会社員 2

「書類選考でよく落とされる」 「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちよく分からない」 「書類選考なしでスピーディーに転職活動を進めたい」 そんな第二新卒の方のために、ここでは以下の2つの特徴を持つ転職 ...

転職エージェント 3

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 4

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-転職サイト・エージェントの利用法
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.