オススメ本 働き方

会社員が本気で向いてない人って結構な割合でいると思う。【夏目漱石も向いてなかった】

更新日:

仕事が向いていない
何のやりがいもない単調な業務
満員電車に乗っての通勤
合わない上司
ノルマ
周囲の様子を伺いながらの残業

面倒なこと、非合理的なこと、理不尽なこと。

これらのことが日常的に起こる企業という環境で、ほとんどの人は当たり前のように働いています。

しかし、本当は会社員としての生き方に苦痛を感じている人って結構な割合でいるのではないでしょうか。

会社員が向いていない社会不適合者は意外と多い

会社員が向いていない
イケダハヤト氏のブログ
人口の10%は「組織で働くのが向いていない人(組織不適合者)」だと思う

こちらでは

「毎日満員電車に乗ったり、無駄な会議に出たり、そういった会社員としての生き方が辛くて耐えられない【社会不適合者】は人口の10%ぐらいいるのではないか?」

そう書いています。

しかし実際はイケダハヤト氏の言う「組織不適合者」の割合は20%ぐらい存在するのではないでしょうか。そしてその予備軍も合わせると30%ぐらい存在しているでしょう。

人に合わせるのが苦手な人は結構多い

人に合わせられない
今では、自虐として使うこともある「ボッチ」という言葉。大学で一人ぼっちでランチをしていたり、授業を受けていたりする人のことを指す言葉なのですが、ここ何年か結構「ボッチ」な人を見かけます。

ボッチの人は、人付き合い苦手だったり、そもそも人付き合いが嫌いだったりするような、組織に所属することが向いていない人なのではないかと思います。

そしてそういう人からしたら、会社での人付き合いだったり、上司に気に入れるために飲み会に参加したりすることが苦痛しょうがなかったりします。

実際に人付き合いが苦手な私にとっては苦痛です。前の会社では何度も飲み会を断ったりもしました、途中で抜け出したりもしていました。

おかげでちょっと変わった奴として見られていましたが、会社の飲み会なんて極力参加したくないという人は、最近増えているはずです。

夏目漱石も人に合わせられない人だった

夏目漱石
イケダハヤト氏のブログで夏目漱石の言葉が引用されていたのですが、それが驚くほど共感できます。周りと同じように生きることに違和感を覚える人にとっては大変勇気づけられる言葉です。

いちいちこっちから世の中に合わせていくことはできない

夏目漱石が今の時代に生きていたら、絶対に会社員にはなっていないでしょう。なったとしても一年目で辞めていたはずです。

夏目漱石のように壮絶な過去を持っている人ってそれほどいるわけではないと思います。

それでもどこかで、みんなに合わせるのが苦痛だったり、周りが当たり前にやっていることができなかったりして悩んでいる人って結構いるのではないでしょうか。

ただ、友達がいないのは寂しいから、とりあえず苦痛を我慢して周りのと同じように振る舞っている、というのがほとんどでしょう。

色々な生き方をする人が増えれば、もっと生きやすい社会になる

もっと自由になれる
「会社をやめてフリーで生きていく!!」なんて言うと、人生の先輩方から散々否定されます。

しかし、ブログを書いて飯を食っていく人、アフィリエイトだけで飯を食っていく人など、会社に所属しないで生きていく人が増えれば増えるほど、それにあわせて色々なインフラが整ってくるはずです。

最近では、自分の得意分野でお金を稼ぐことができる「ココナラココナラ」というサービスがあります。

ココナラでは、「500円で文章書きます」「500円でゲームの相手します」「3000円でロゴ作成します」といったように、自分ができることを生かして、お金を稼ぐことができるサイトです。

その他にも、自分ができそうな仕事を見つけてお金を稼ぐことができるサイトとして「ランサーズ」があります。

最初はアルバイトをしながら、正社員として働きながら、副業としてはじめて、副業が本業と同程度に稼げるなら、フリーランスとして生きていくというものいいでしょう。

組織に所属するのが嫌で、フリーで生きる人が増えてくれば、我慢して周りに合わせていた人も堂々と組織が向いていない言えるようになるはずです。

そんな誰もが生きやすくなる時代にしていくためにはブロガーやアフィリエイターなどフリーで生きる方々が日々、色々な意見を発信して市民権を獲得していくべきなのだと思います。

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

転職エージェント 2

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 3

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-オススメ本, 働き方
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.