転職サイト・エージェントの利用法

第二新卒が転職エージェントを使うべき5つの理由

更新日:

handshake-440959_640
勤続年数の浅い第二新卒での転職で、四苦八苦したくないのなら転職エージェントは絶対に活用するべきです。

新卒で入社した企業を半年でスピード退職した私は転職活動の時にやはり、エージェントを利用しましたが、エージェントを利用する上で面倒なことやデメリットほとんどありません。

その実体験をもとに、ここでは第二新卒が転職エージェントを使うべき理由を紹介していきます。

ネガティブな退職理由をポジティブに変えてくれる

ネガティブ・ポジティブ
新卒で入社した会社を退職する理由は人間関係の問題やプライベートの時間がないことや将来への不安など様々です。しかしその多くは何かしら会社に不満があるというネガティブな理由からでしょう。第二新卒なおさらです。

しかし面接ではネガティブな退職理由を大真面目に伝えるわけにはいきません。

「上司が嫌いなので辞めました」なんて言ったら「忍耐力なし」「気に入らない人がいたらすぐ辞めるヤツ」というレッテルを貼られるだけです。どうにか採用担当者に納得してもらえるような退職理由を考えなければいけないのです。

転職のプロである転職エージェントは、いとも簡単に聞こえの良いポジティブな退職理由に変えてくれます。

もちろん嘘の転職理由を考えるわけではありません。ポジティブに聞こえるような言い回しを考えてくれたり、伝えるべきではないことを教えてくれるのです。

ある程度なら自分だけでもできるかもしれませんが、やはり転職のプロに考えてもらった方が的確でしょう。

“質素”な職務経歴書を“豊か”に変えてくれる

document-428332_640
第二新卒の転職の場合、自分だけの力で職務経歴書を書こうとしても業務経験がほとんどないので、何をどう書いたらいいのか分かりません。

内容がなさ過ぎて不安になってしまうことがあります。だからといってどうでもいいことを書くわけにはいきません。

転職エージェントはそんなみすぼらしい職務経歴書を見栄えの良い職務経歴書に変えるためのアドバイスをくれます。

「何を」「どのように」書いたらいいのか、採用担当者に読んでもらうためにはどんな書き方をすればいいのか教えてくれるのです。

非公開求人を教えてくれる

非公開
転職サイトで希望の求人を探すのは良いですが、条件を絞りすぎると求人が極端に少なくなってしまうことがあります。

そんな時、転職エージェントに希望条件を伝えると、サイトには公開されていない求人をごっそり紹介してもらえることがあります。

公開求人よりも非公開求人の方が圧倒的に多い

実は公開求人よりも非公開求人のほうが圧倒的に多いそうです。

採用企業は求人を一般公開すると、条件に見合わない人からの応募が来てしまい余計なコストがかかるので非公開にするそうです。他にはライバル企業に人員確保が伴う事業計画を知られたくない、といった理由があります。

そのためほとんどの企業が求人を非公開にするのです。

希望に合った求人は多いに越したことはありませんよね。転職エージェントで非公開求人を紹介してもらえるのは選択肢を広げられるので役に立つことは間違いありません。

不採用の理由を教えてくれる

納得
エージェントは採用担当者と直にやりとりをしているので、なぜ不採用になったのか教えてくれます。

どうして不採用なのか、納得して次の面接に進めるので切り替えもできます。また改善すべき点もわかるのでとてもためになります。

これはエージェントを使っていないと絶対に分からないことなので、かなり大きなメリットでしょう。

安心と自信を提供してくれる

confidence-589037_1280
第二新卒の転職でエージェントを使うべき理由としてもっとも大きいのがやはり、安心できる・自信が持てるということでしょう。

初めての転職は分からないことがたくさんあります。またスキルも経験もない自分を雇ってくれる企業なんてあるのだろうかとネガティブになることもあります。

そんな時に一人でもプロの相談相手がいるのは大変心強いものです。

エージェントはいつでも自分の味方になってくれ、転職を成功させるために親身になって面接の日程調整や面接対策などをしてくれます。

転職活動は結構孤独

仕事を辞めて1、2週間ぐらいは毎日昼頃まで寝ていられる生活が楽しいものですが、徐々に飽きて虚しさを感じるようになります。

同じ時期に転職活動をしている友人がいればいいですが、そんなことは滅多にありません。また仕事がなくなり、人に会う機会が減るため一人でいることが多くなります。

転職活動って結構孤独なんです。転職先が決まらず長引くとさらにこの孤独は続くことになります。

しかし転職エージェントはこまめに電話してくれたり、時々面談などもあるので、不安な気持ちや孤独はいかばかりか軽減します。

実際にこれは転職をエージェントを使う上で最も大きなメリットだと感じました。

便利だけど注意も必要!

注意
エージェントは第二新卒で転職する際にとても心強い存在です。

しかし完全にすべてを任せてしまっていいわけではありません。

「初めての転職!エージェントを使う際に注意すべきたった1つのこと」

こちらの記事でも紹介させていただいたのですが、エージェントに頼りすぎてしまい言われるがままになってしまうと、どんな企業で自分が働きたかったのかを見失ってしまう可能性があります。

転職の成功のカギは「転職サイト」と「エージェント」の二刀流!

オススメしたいのはエージェントと転職サイトを両方利用することです。

面接対策や職務経歴書の添削などをエージェントにお願いし、転職のノウハウを身に着けます。

そしてサイトからの自主エントリーで純粋にいきたい企業から内定をもう。この進め方が最もおすすめです。

私も実際にこのようにして最も志望度の高い企業から内定をもらい第二新卒の転職を成功させました。

第二新卒での転職を考えた時には是非、転職エージェントを利用してみてください!

※以下のページでは転職エージェントをまとめて紹介してますので、転職エージェントを利用する際の参考にしていただければと思います。
【要保存】転職エージェント“全14社”を特徴別にまとめて紹介!

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

転職エージェント 2

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 3

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-転職サイト・エージェントの利用法
-,

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.