面接

【絶対】第二新卒の転職で失敗しないためにアピールすべき3つのこと

更新日:

a8e50113b2ac954b21b423014d266657_s
第二新卒の転職は。業務経験が浅く、実績もないので何をアピールすればいいか分からなくなるのは当然です。しかし、採用側の事情を知ればアピールポイントは明確になります。

自分のアピールポイントを考える時に重要なのは「採用側が何を知りたいか」です。これが分からないとアピールすべきことが明確になりません。

今回はアピールすべきポイントについて、企業がなぜ第二新卒を採用するのか、第二新卒に何を求めているのかについての紹介を交えつつお伝えしていきます。

自己PR・志望動機作成の時の参考にしていただければと思います。

実務経験よりもポテンシャルをアピールする

3fb906e1f6842e1f2bb71edaacde9d9a_s
企業が第二新卒に求めるのはそのポテンシャルです。どれぐらい伸びしろがあるかなのです。

そしてポテンシャル求められる理由は以下の通りです。

キャリアのある転職希望者に比べ、社会経験が少ない分柔軟性に優れ、若いがゆえに企業風土に染まりやすく、能力開発の余地も非常に大きい層ととらえられているからです。

※引用:マイナビジョブ20s

具体的には、業務をコツコツこなす姿勢、責任能力の高さ、謙虚さ、素直さなどをしっかりとアピールするといいでしょう。

入社意欲の高さをアピールする

d47169381b88b930726424d876b7f5d0_s
マイナビジョブ20sが企業に行った調査を紹介します。

以下の結果は第二新卒の採用で重視した基準についてです。
※参考:マイナビジョブ20s

  • 志望動機[22.5%]
  • 入社意欲の高さ[40.8%]
  • 仕事に対する理解度[17.2%]
  • 資格[5.4%]
  • 語学力[2.4%]
  • 学歴[3.5%]
  • 発信力[5.1%]
  • 想像力[4.8%]
  • 実行力[17.7%]
  • 社内と合いそうな人柄か[26.8%]
  • 一緒に働ける人材か[32.7%]
  • 第二新卒の採用は行ってない[26.5%]

もっとも重要なのは「入社意欲の高さ」であることが分かります。なぜ、その業界、その仕事なのか。なぜ他に企業ではいけないのかをしっかりと整理しておきましょう。

これがしっかりとアピールできないと「どうぜまたすぐ辞める」という印象を与えてしまいます。どれだけ能力の高い人であっても、どれだけ素直な人であっても入社意欲が高くない人は絶対に採用されません。

志望意欲の高さだけはしっかりとアピールできるようにしましょう。

社会人基礎力をアピールする

ec3709e47d3970ec4d38587125b39cac_s
少し古いデータですが、「日経キャリアマガジン編集部」が人材紹介会社に行った調査をご紹介します。こちらは「第二新卒者が求められる理由」についての結果です。
第二新卒 企業が求める人材とは?「日経Bizアカデミー」

  • 社会人として最低限のマナーが身に着いているから[26.5%]
  • 社会人として多少の実務経験があるから[20.6%]
  • 新卒者と同じようなフレッシュさがあるから[17.6%]
  • 割と早い時期に戦力として期待できるから[17.6%]
  • 即戦力としての期待できるから[0%]
  • その他[17.6%]

こちらの結果から分かるように、企業は「社会人として基本的なこと」「新卒のようなフレッシュさ」この2点を求めて第二新卒者を求めているのです。

また「即戦力として期待できるから」こちの回答が0%であることからも分かるように、企業は即戦力として全く期待していないことが分かります。

第二新卒を企業が採用することのメリットの一つは、第二新卒は新卒に比べ社会人基礎力の教育コストがかからないことがあります。

そのため社会人基礎力のアピールは重点的にしておきましょう。

第二新卒でも転職できる

第二新卒の転職
普通の転職とは若干条件が子ことなる第二新卒での転職。しかし、需要はあるのは確実です。相手が何を求めているのかをしかっりと把握し、それをアピールできれば転職を成功させられるはずです。

私は新卒で入社した会社を5ヶ月で辞めてしまったので、業務経験もなければ社会人基礎力もほとんどないような状態での転職活動でした。

最初はアピールすべきことが全然分からない状態だったのでかなり苦戦しましたが、相手が何を求めているのかを整理して、それをしっかりとアピールするようにした時、内定をもらえるようになりました。

アピールすべきことをしっかりとアピールできれば第二新卒でも理想の転職先から必ず内定をもらえるはずです。

また、「面接が不安」「自己PRになることがない」「転職に関する悩み、不安を相談したい」「プロにアドバイスをもらいたい」という方は転職エージェントを使うべきです。

転職エージェントなら、プロのキャリアアドバイザーが個別で転職活動をサポートしてくれます。

面接対策や応募書類の添削、求人紹介など、様々なサポートを行ってくれるので、不安も疑問も全て解消できます。

※転職エージェントまとめ

【厳選!】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つを紹介

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

続きを見る

転職エージェント
【全13社】転職エージェント一覧まとめ紹介!

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

続きを見る

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

転職エージェント 2

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 3

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-面接
-,

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.