面接

面接では面接官の反応を見ながら話せ!!

投稿日:

面接での話し方
面接ではつい、自分のことをアピールするのに集中してしまいがちです。その結果、面接官の反応も見ないで、長々と話しをしてしまったり、話が脱線してしまったりということになると良い評価を得ることはできません。

それを防ぐために、面接では、面接官の目を見て話しをするようにしましょう。

話すときは面接官の目を見て、反応を伺う

面接官は、応募者の話が長いと感じても、途中で話を打ち切るようなことはしません。しかし必ず無言で何かしらのサインを送っているはずです。

例えば、わざと視線をそらしたり、書類に目をやったままだったりと応募者の話に反応しなくなります。

面接では、面接官の目をしっかり見て、そういった無言のサインを見逃さないのがポイントです。

実際に面接官の反応を見ないで話してしまう人は多くいます。伝えたいことをしっかりと伝えるために、自分が用意した書類を見ながら話していたり、意図的に目を合わせないようにしていたりする人がいますが、それでは相手の反応は絶対に読み取れません。

面接官の目を見て、面接官の反応を見て、「ちゃんときいてくれているか?」「理解してくれているか?」「どういう話題に反応しているか?」「長すぎていないか?」など様々なことを考えながら話すのが理想です。

その上で、もしも面接官の反応が薄いことに気付いたら、無理矢理話を打ち切るのではなく、「すみません。だらだら話てしまいましたが、だいたいはそのようなことです」といったように、話を終えてしまったほうが、印象が悪くならないでしょう。

面接練習をしておくことが大切

面接
面接に慣れていなければ、自分の話をするのに精一杯になり、相手の反応を見ながら話すのは簡単なことではありません。相手の反応を確認できるぐらい余裕を持って面接に臨むためには、やはり練習が大切です。

自己PRや志望動機、退職理由で、面接で必ず聞かれることは、すらすら言えるように一度、練習をしておきましょう。

またできれば、相手を置いて模擬面接をするとさらに効果的です。

例えば、転職エージェントを利用して、担当のキャリアアドバイザーに模擬面接を頼むことができます。キャリアアドバイザーは転職に精通し、また企業の採用担当者がどんなポイントに注目するのかを熟知した人です。その人に面接練習をお願いすれば、具体的で的確なアドバイスをもらえることは間違いありません。

時間に余裕があるのなら、転職エージェントを利用して面接練習を頼み、面接で自分を思う存分アピールできる状態にしておきましょう。

以下のページでは転職エージェントを転職エージェントを特徴別にまとめて紹介していますので、是非、参考にしてみてください。
第二新卒に強い!第二新卒向け転職エージェントおすすめ3社
【要保存】転職エージェント“全14社”を特徴別にまとめて紹介!

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

転職エージェント 2

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 3

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-面接
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.