面接

なぜ面接で「ブラック企業」という単語を口にしてはいけないのか?

更新日:

なぜ面接で「ブラック企業」という単語を口にしてはいけないのか?
面接の場で、「私が勤めていた会社はブラック企業で……」といったように、ブラック企業というワードを軽々しく口にしてはいけません。

その理由は以下の3つあります。

  • ブラック企業の定義が曖昧
  • 軽々しくブラック企業と口にすると面接官に警戒される
  • 労働条件が第一優先の人だと判断される

ブラック企業の定義が曖昧

ブラック企業というのは定義が曖昧で、人それぞれブラック企業の捉え方が違います。例えば、毎日終電帰りなのをブラック企業という人もいれば、法律違反をしている企業、反社会勢力と繋がりを持つ企業をブラック企業という人もいます。

つまり、自分がブラック企業だと思っていても、他の人にとってはブラック企業ではない場合があるのです。

例えば、面接で「以前の会社は、夜11時頃まで仕事をしなければいけないブラック企業だったの退職しました」と言ったとします。

しかし、面接官にしてみれば「うちの会社も繁忙期は11時頃まで残業することはある。うちの会社のブラック企業ということか」「じゃあ君はうちに会社には来ない方がいいね」となるのです。

軽々しくブラック企業と口にすると面接官に警戒される

ブラック企業という定義は曖昧です。しかし、そういった曖昧さを考慮せず、ブラック企業という単語を軽く口にしてしまうと、面接官に「うちの会社もブラック企業呼ばわりされるだろう」と警戒されるのです。

また、「以前の会社はブラック企業で」と言ってしまうと、どうしても愚痴っぽく聞こえてしまいます。鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように「うちの会社はこんなに悪い会社だった」と力説しようものなら、不採用まっしぐらです。

例え前の会社が違法行為をしていた企業であっても、それをわざわざ「ブラック企業だ」と言う必要はありません。シンプルに「法律違反をしていた会社だったので退職しました」と言うようにしましょう。

労働条件が第一優先の人だと判断される

会社を選ぶ上で、給料やワークライフバランスを取れるかといった労働条件はかなり大切です。

しかし、面接で「労働条件を優先したい」という姿勢を悟られてしまうと、労働意欲を疑われてしまいます。

例えば「残業が多いブラック企業でした。プライベートも重視したいので退職しました」と発言したとします。すると面接官は「極力、働きたくない人」「定時で働きたい人」だと印象付けてしまうのです。さらに「残業がなければどこの会社でもいいのか」と志望意欲までも疑われる可能性もあります。

「ブラック企業」という単語を口にしないことは大前提ですが、労働条件が第一優先だと疑われるような発言は極力控えましょう。例えば「ワークライフバランス重視したい」「プライベートの時間が欲しい」といった発言です。

転職エージェントを使えばプロから面接のアドバイスがもらえる

面接で失敗しないためには、面接対策を徹底的に行うことが何より重要です。そのためには、転職エージェントを利用してプロのキャリアアドバイザーの面接対策を受けるのがおすすめです。

キャリアアドバイザーは転職市場に精通し、企業の人事を熟知した、いわば転職のプロのです。転職エージェントを利用すると、そのプロから退職理由や志望動機、自己PRに関する具体的なアドバイスをもらえるのです。

また、応募する企業によっては面接で聞かれる質問を教えてくれたり、面接の様子、面接官が注目しているポイントを教えてくれる場合もあるので、かなり精度の高い面接対策が行えます。

※転職エージェントまとめ

【厳選!】第二新卒特化型おすすめ転職エージェント5つを紹介

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

続きを見る

転職エージェント
【全13社】転職エージェント一覧まとめ紹介!

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

続きを見る

人気のまとめ記事

1

このページでは、「第二新卒向け求人を紹介してもらえる」「第二新卒専門のキャリアアドバイザーからサポートを受けられる」などの特徴がある転職エージェントを厳選して5つ紹介します。 自力で転職活動を進めるよ ...

転職エージェント 2

転職エージェントを選ぶ際のポイントは、 自分が狙っている業界、職種に強い転職エージェントを選ぶ、もしくは第二新卒、20代など、年代に合わせた転職エージェントを選ぶことです。 なぜなら専門的に転職サポー ...

第二新卒の転職に役立つ本 3

ある程度キャリアを積んだ人向けの転職ノウハウ本は書店にたくさんあるにも関わらず、業務経験の浅い第二新卒向けの転職ノウハウ本はほとんど見かけません。 そんな数少ない第二新卒向け転職ノウハウ本なかでも「こ ...

-面接
-

Copyright© 第二新卒の転職ノウハウサイト「2nd challenge」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.